日頃のご愛顧に感謝して
Malaysian MOTO GP 2014
キャンペンガール特集

先稿からの続きで、shinzou's Photoを日頃からご愛顧くださっている方々に感謝の意味を込めた、「Malaysian MOTO GP 2014」のキャンペンガール特集第5弾。好みは人それぞれかと思うので、私情をはさまずランダムに掲載させて頂こうと思っているが、もし偏りが出てしまっているように感じた場合は、「そいう言う事か。」と思って頂いても問題はない。まんべんなく撮っているつもりでも、いつの間にか特定のモデルさんに撮影枚数が偏ってしまうのは仕方がないことであり、結果的に採用枚数も多くなってしまっている・・・かもしれない

使用レンズは「2414G」, 「3514G」, 「8514D」, 「70-200mmF2.8GII」の4本。いずれもニコンを代表するフラッグシップ単焦点・およびf/2.8ズームである。

このファインダーの後ろには「shinzou's Photoを楽しみにして下さっている方々がいらっしゃる!」という使命感をもち、キャンペンガールの目の前にてひざまづいてまで撮影した作例をご参照頂き、フラッグシップレンズ購入の参考になれつつ、さらに皆様の目の保養になれたらボクの目的は達成できたことになる。

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F2.8

「2414G」を用いて撮影しようとしたところ、カメラレンズが思いのほか目の前にきたので困惑した表情を見せたキャンペンガール。

広角レンズで撮られている事に慣れているキャンペンガールの方はすぐに察して笑顔を向けてくれるが、キャンペンガールによってはそれが広角レンズなのか標準レンズなのか分からないだろう。

大変失礼いたしました。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO100 (自動制御やや高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 135mm
絞り F3.5

70-200mmでよく耳にするのは単焦点のような写りをするレンズだという事だ。確かに単焦点のような写りをするレンズだと思う。

今回撮影したデータはほぼ全て24mm, 35mm, 85mm, 70mm, 85mm, 135mm, 200mmのキリ番打ちとなっているが、70-200mmF2.8GIIのデータだけを抽出してみると、135mmで撮影してるものが最も多かった。

近接撮影では実効焦点距離が短くなるという特性を持つレンズだが、ボクの感覚ではこいつの135mmは非常に85mmに近い。ボクにとって最も馴染み深い焦点距離は85mm。はからずとも135mmを多用することとなった。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 1/320s
ISO感度 ISO160 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 135mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 200mm
絞り F4.5

爆音とともに猛スピードで各マシンが通り過ぎた後、バックスクリーンに見入る観戦客。

時折、スタンド全体からすごい歓声が上がって盛り上がるのだが、ボクはチームも選手もルールも順位もさっぱり分からないので「盛り上がりどころ」が全く分からん。

いずれにせよ、こういう写真を撮るときは水平出しが大事。キッチリ水平を合わせて撮影しよう。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード シャッター優先オート
絞り F4.5
露光時間 1/2500s
ISO感度 ISO400
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 200mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
VR OFF
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 70mm
絞り F3.2

スクリーンに映るMOTO GPマシンをバックにキャンペンガールを70mmで撮影した。

それにしてもどこから来られたのか、とんでもなく美人なお方だ。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO100 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 70mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F3.2

MOTOLのキャンペンガールを「3514G」で。

レンズの付け替えが面倒なので、まず「2414G」を装着して各ブースを一周。その次「3514G」を装着して各ブースを一周。次は「8514D」、次は「70-200mm」、そしてまた「2414G」に戻る。といった具合に、何周もしていた。

撮影枚数を統計して見ると、手に入れた嬉しさもあって「70-200mm」での撮影枚数が最も多く、その中でも最も多く使った焦点距離は135mm。次いで王道の「8514D」、思いのほかショット数が多かったのが「2414G」だった。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO100 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」

絞り F3.2

一通り撮られ終えて、合間にリラックスしながらウチワを扇いでいたところを「8514D」で少しだけお邪魔させて頂いた。リラックスモードからすぐに撮られ目線に切り替わり、撮られたらすぐまたリラックスモードと、お疲れ様です。
ちなみに、しつこく撮ろうとするとウザがられるだろうし、そもそも魅力的な表情がもたないので、ワンシーン3〜4枚、所要時間は3〜5秒程度と決めて撮っていた。
3枚撮るのは鉄則。いくらD4といえども、厳密に見て瞳からピンを外している写真はいくらでも出てくる。しかし撮られる方もプロなので、3枚撮れば大抵のケースで最低1枚は当たっている。

「バシッ!バシッ!バシッ!」と撮って、撮ったら「Thank you!!」とお礼を言って次の方に・・・をひたすら繰り返していた。それでも100人以上のキャンギャルがいらっしゃるので、全員制覇は果てしなく大変だ。そんな環境下でサクサクテンポ良く確実に撮れるD4の速さは有難い。D4を操作していて「もたつき」を感じるようなシチュエーションはたったの一つもない。撮影しかり、再生・拡大・縮小しかり、各種設定しかり。その全てが一瞬だ。
もっさりした動きをするカメラでは、撮っている方も撮られる方もイライラしてしまうだろう。
レンズ AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO180 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

次へ

TOP