日頃のご愛顧に感謝して
Malaysian MOTO GP 2014
キャンペンガール特集

先稿からの続きで、shinzou's Photoを日頃からご愛顧くださっている方々に感謝の意味を込めた、「Malaysian MOTO GP 2014」のキャンペンガール特集第4弾。好みは人それぞれかと思うので、私情をはさまずランダムに掲載させて頂こうと思っているが、もし偏りが出てしまっているように感じた場合は、「そいう言う事か。」と思って頂いても問題はない。まんべんなく撮っているつもりでも、いつの間にか特定のモデルさんに撮影枚数が偏ってしまうのは仕方がないことであり、結果的に採用枚数も多くなってしまっている・・・かもしれない

使用レンズは「2414G」, 「3514G」, 「8514D」, 「70-200mmF2.8GII」の4本。いずれもニコンを代表するフラッグシップ単焦点・およびf/2.8ズームである。

このファインダーの後ろには「shinzou's Photoを楽しみにして下さっている方々がいらっしゃる!」という使命感をもち、キャンペンガールの目の前にてひざまづいてまで撮影した作例をご参照頂き、フラッグシップレンズ購入の参考になれつつ、さらに皆様の目の保養になれたらボクの目的は達成できたことになる。

機種 D4 「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」

絞り F3.5

殆どのDタイプをGタイプレンズに置き換えた中、絶対にGには置き換えないのが「8514D」こと「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」だ。

ボクが絶対的に信頼している銘玉
真横から、瞳の水晶体にピントを合わせた。

8514Dは逆光に弱いとか揶揄されているが、それは本当だろうか作例は半逆光条件下での撮影だが、光線状態によってこのように神写りする。ピントを合わせた瞳、ピント面からの前後ボケ、肌と光の境界線で光り輝く産毛、半逆光が生み出す独特の「味」

この描写を見れば、何故ボクが8514Dにこれほどまで惚れ込んでいるか、分かって頂けると思う。
レンズ AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 1/400s
ISO感度 ISO320 (自動制御やや高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 70mm
絞り F3.2

ノリの良いモデルさんで、カメラを向けたらすぐにポーズを取ってくれた。折角ポーズを取って頂いたのに、構図的にもうちょっと左に寄せればよかったと反省しきり。

その瞬間はその瞬間でしか撮りえないから、その瞬間に全てを正確に行う必要があるし、しっかり撮れていなければ失礼にあたるだろう。

しかし何年間、何万枚撮影したとしても、これが中々出来ないものなんだ。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO100 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 70mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 105mm
絞り F3.2

ボクの想定以上に使用したのが、「70-200mmF2.8GII」だ。手に入れたばかりの嬉しさと言うものもあるが、想像以上に使い易いレンズ。

モデルさんの太もももフレーミングしたかったので135mmから105mmに切り替え自分自身も下がって撮影した。最短撮影距離付近で実効焦点距離が変わるレンズだが、しっかり焦点距離のキリ番打ちをする事に意味がある。

例えば、これが121mmとか中途半端な数字だったら足ズームを使わないで、その場でズームに頼って撮ったということが推察されてしまう。写真そのものからデータは見えないが、見えないところもやれる事はキッチリやって撮りたいものだ。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/400s
ISO感度 ISO100 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F3.2

「3514G」を用い、モデルさんの目の前で両ひざを地面についた状態で撮影させて頂いた。一般的な日常シーンでそんな事をやっていたら完全に逮捕されるような撮り方だが、ここはMOTO GP。

年に一度のお祭り騒ぎだし、許される!?だろう。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/800s
ISO感度 ISO100 (自動制御 高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 200mm
絞り F14

てか、そろそろMOTO GPマシンの流し撮り写真を掲載しないと、「ほんとに撮れなかったんだ・・・・。」と思われてしまう。

「70-200mmF2.8GII」の200mmを用いて流し撮った。

最高速で突っ込んでくる小さなGPマシンを写し撮るには1/320s程度でも相当厳しいものがある。思いのほか近い場所からの撮影なので、ガッツリとトリミングするようなこともせず、控え目なトリミングとなっている。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード シャッター優先オート
絞り F14
露光時間 1/320s
ISO感度 ISO400
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 200mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
VR OFF
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F3.2

ENEOSのキャンペンガールの前にひざまづき、「3514G」を使って撮影した。

構図的にもうちょっと右に配置して丸めた傘もフレーミングしたかったのだが、向かってすぐ左側にキャンギャルと一緒に写りたくて仕方がないマレー人のあんちゃんがいたりして、やむを得ず少しズレた構図となっている。

今回は1,000枚程度キャンギャルの方々を撮影させて頂いたが、なぜこのような構図で撮ったのか、ほとんどのカットで思い出せる。逆に、撮った時のシチュエーションを思い出せないようなカットは、やっぱりそれなりのカットでしかない。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/160s
ISO感度 ISO320 (自動制御 高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

次へ

TOP