日頃のご愛顧に感謝して
Malaysian MOTO GP 2014
キャンペンガール特集

先稿からの続きで、shinzou's Photoを日頃からご愛顧くださっている方々に感謝の意味を込めた、「Malaysian MOTO GP 2014」のキャンペンガール特集第3弾。好みは人それぞれかと思うので、私情をはさまずランダムに掲載させて頂こうと思っているが、もし偏りが出てしまっているように感じた場合は、「そいう言う事か。」と思って頂いても問題はない。まんべんなく撮っているつもりでも、いつの間にか特定のモデルさんに撮影枚数が偏ってしまうのは仕方がないことであり、結果的に採用枚数も多くなってしまっている・・・かもしれない

使用レンズは「2414G」, 「3514G」, 「8514D」, 「70-200mmF2.8GII」の4本。いずれもニコンを代表するフラッグシップ単焦点・およびf/2.8ズームである。

このファインダーの後ろには「shinzou's Photoを楽しみにして下さっている方々がいらっしゃる!」という使命感をもち、キャンペンガールの目の前にてひざまづいてまで撮影した作例をご参照頂き、フラッグシップレンズ購入の参考になれつつ、さらに皆様の目の保養になれたらボクの目的は達成できたことになる。

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 70mm
絞り F4

数多くの出展ブースの中でも一際目を引いたのは「Kawasaki」ブースだ。一番足を運んだ。時折、全員集合してくれるサービスもあったりするが、70mmでは入りきらないキャンペンガールの方々。Kawasakiブースだけでも10数人はいらっしゃった。

こういう瞬間はスマホ・デジカメ・普及一眼がズラーーーー!と並ぶので、例えD4 + 70-200mmf/2.8GIIをもってしても、流石に全員分の目線を同時に集める事は出来ないが、無数のカメラ・レンズの中で4人から視線を頂けている。ボクは声をかけた訳でもなく、カメラ・レンズを向けただけ

撮られる側としても、スマホ・デジカメ・普及一眼よりも、あからさまに凄そうなカメラ・レンズに視線を持って行くのは自然であり、それだけでもデカいカメラを持つ「意味」がある。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード シャッター優先オート
絞り F4
露光時間 1/160s
ISO感度 ISO400
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 70mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 140mm
絞り F3.5

135mmにして撮影したつもりだが、手指が当たったかで微妙にズームリングが動いてしまい、撮影データ上は140mmとなっている。しかし、このような事故はいくらでもある。

大事なのは、135mmではなくて一度焦点距離を決めたら、ファインダーを覗きながらズームリングは回さないという心構えだ。制限を加える事によって、その中で何とかしようと工夫するから構図が作れる。ファインダーを覗きながら、行き当たりばったりでズームリングを回してもロクな事にならない。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 1/320s
ISO感度 ISO320 (自動制御やや高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 140mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 200mm
絞り F5

MOTO GP FINALで一斉にスタートを切った瞬間。前日、あまりの爆速ぶりに300mmを諦めており、200mmで撮影している。

ブレ写真だけは煮ても焼いても使えないので、たった一度しかないこの瞬間は高速シャッター1/2500sを選択し、とにかく写し撮る事を優先した。

300mmを諦め、低速シャッターを諦めた苦肉の策だが、Better than Nothing(無いよりは良い)。結果的にマレーシア国旗もフレーミング出来たりしてお気に入りのカットとなった。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード シャッター優先オート
絞り F5
露光時間 1/2500s
ISO感度 ISO400
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 200mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
VR OFF
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F1.4

Kawasakiのキャンペンガール。

24mmは完全なる広角レンズだが、2414Gは単なる広角レンズではない。こいつはf/1.4から使ってこそ真に面白いレンズ。

目と鼻の先までレンズを接近させて撮影する必要があり、被写界深度は1mm単位となるが、瞳に完全にピントが合った写真は、その他のレンズでは決して撮れないような表現が可能となる。

これはそれを求めるもののみが手にする、超マニアックレンズだ。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.4
露光時間 1/1000s
ISO感度 ISO100 (自動制御 高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F1.4

太もももフレーミングして欲しいという(皆様方からの)ご要望にお応えするため、2414Gを用いて撮影した。これでもかなり近づいて撮影しているので、撮られている本人としては足まで写っているとはよもや思っていないだろうが、実際はここまで撮れている。

せこい技も使える。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.4
露光時間 1/800s
ISO感度 ISO100 (自動制御 高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F3.2

見たまんまの構図。ひざまづいて(むしろ正座)、超ローアングルから撮影させて頂いた。35mmを知っている方であればボクがどのくらいの位置から撮影しているか何となく想像して頂けると思う。はたから見たら女王様にひざまづくしもべみたいな構図。てか、単なる変態だがこの際良しとする。

ありがちなのはここまでやったのに逆光で真っ暗ボツ写真でガッカリさせられるパターンだが、D4はボクの期待を裏切ったりなんかしない。軽く+0.3補正を当てるだけでドンピシャ露出を得る事が出来る。その瞬間を撮り逃さない。これこそがボクがD4を使っている絶対的な理由。これが全てだ。

それにしてもカメラをほぼ真下から向けられた状態。自分自身に相当自信がないとこのポーズは取れないと思うが、そのプロ意識は流石。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/160s
ISO感度 ISO360 (自動制御 高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

次へ

TOP