日頃のご愛顧に感謝して
Malaysian MOTO GP 2014
キャンペンガール特集

先稿からの続きでshinzou's Photoを日頃からご愛顧くださっている方々に感謝の意味を込めた「Malaysian MOTO GP 2014キャンペンガール特集」第2弾である。キャンペンガールの数はおそらく100人はいらっしゃったような感じで、撮り放題状態だった。皆様それぞれに好みとかタイプがおありかと思うので、私情を挟まず、なるべくまんべんなく掲載させて頂こうと思いつつ、ボクも人間なので偏ったチョイスになってしまった場合はご容赦頂きたい。
なお、初日はあまりの爆速MOTO GPマシンに度肝を抜かれ撮影を諦めてキャンギャル撮りに徹したが、なんだかんだ言ってファイナルではそれなりにGPマシンの撮影に成功したので、時折GPマシンも掲載させていただく。

使用レンズは「2414G」, 「3514G」, 「8514D」, 「70-200mmF2.8GII」の4本なので、それぞれのレンズ購入のご参考にして頂ければ幸いである。。

機種 D4 「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」

絞り F3.2

これぞ8514Dの描写だ。2段と1/3絞りこむ事によって、瞳の位置がキリリと引き締まり、髪の毛も繊細に写し込みつつ、かつ全体的に柔らかな描写をする。

ボクの中では8514Dで子供や女性を撮らせたら右に出るレンズはそうそうない。これはニコン銘玉のうちの一本。

8514Gが登場して暫く経ったが、8514Dはまだ新品で購入出来てしまう。ニコンも粋なメーカーだと思う。
レンズ AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO100 (自動制御やや高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 135mm
絞り F3.2

現代レンズらしく、「ビシィ!」と写せるのが「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」だ。こちらのモデルさんのように、キリッとした表情をされる女性を撮る場合は「700-200mmF2.8GII」が向いていると思った。

目線をくれる写真だけでは面白くないので、横顔を狙った。どうしてもD4とボクのレンズラインナップでは、モデルの視線が集まりすぎてしまう。横顔を撮りたいのに、こっちを見てしまうのだ。逆に視線を外している写真を撮るのが難しかったりするほど、充実した撮影環境だった。

それにしても、これでISO1000ってのが凄まじい。D4の高感度耐性は忙しいシチュエーションで非常に役に立ち、撮り逃しやガッカリがない。D4はボクにとってこれ以上ない、最高の相棒だ。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/160s
ISO感度 ISO1000 (自動制御やや高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 135mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」

絞り F3.5

優しい雰囲気を持った女性を撮影する場合はやはり「8514D」を使いたい。上手く言葉で表現できないのだけれども、とにかく「8514D」の持つ独特な「味」は他に代え難いものがある。昔っから使っているが、この味は何なんだろう?と使うたびに思う。

ちなみに、男性であれば必ず目が行くであろう個所についてだが、原版ファイルではどこまででも拡大出来る。実際問題として原寸大に拡大した時点で見えている。しかし、それをやってしまったらshinzou's Life Styleがたちまち別のサイトになってしまうので、このサイズでご容赦願いたい。
レンズ AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 1/400s
ISO感度 ISO100 (自動制御 高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 105mm
絞り F2.8

「てか、本当にレース観戦に行ったのか!?」と疑念・疑問の声が上がってきそうなので、(証拠として)MOTO GPファイナルスタート直前に撮影した一枚を掲載する。

本当は絞って撮りたい構図だが、スタート直後は一斉にバイクが突っ込んで来る。二度とないこの瞬間だけは絶対にブレ写真は許されないので、シャッター速度優先オートにして絶対にブレない速度1/3200sにあらかじめ設定してあるので、こんな設定でこの写真を撮っている。

1/3200s位の保険をかけておかないと、速すぎてマジでブレる。MOTO GPを観戦された事がない方は、誇大表現と感じられるかもしれないが、これは世界一速いバイク。爆音が近づいてきたと思ったら、目の前を何かのすじが一本通ったかにしか見えないほど速いのだ。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード シャッター優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/3200s
ISO感度 ISO100
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR OFF
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F3.2

8514Dは素晴らしいレンズだが、そればかりで撮っていると単調になってしまう。折角2414Gを持っているのであれば、ポートレートで使ってみたい。

2414Gは24mmの焦点距離を持つ広角レンズで大きく撮るにはガッツリ寄って撮る必要がある。モデルさんにしてみれば目と鼻の先にD4とレンズを向けられたかのように思われただろう。実際、2414Gで構図を作っていたら、あまりにも近くて後ろにのけぞってしまうモデルさんもいらっしゃった。なお、子供のようにチャカチャカ動き回る事がないので、AF-S(フォーカスロック)を多用出来たのは有難い。

瞳にピントを合わせて撮る。

ピントが合った瞳と、そこからふわりとボケていく様は「2414G」にしか成し得ない。14-24mmではまずもって無理な表現で、唯一無二の価値がある。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.5
露光時間 1/100s
ISO感度 ISO160 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F2.8

スズキのモデルさんを「3514G」で。

「2414G」とは違ってガッツリ寄る必要がないし、「8514D」のようなただならぬ大目玉もないため、相手の自然な表情を撮りやすい。ただし見た目に普通の画角過ぎるので、逆に表現が難しかもしれない。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/160s
ISO感度 ISO320 (自動制御 高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
VR なし
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

次へ

TOP