AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
試写

新しいレンズを購入したのであれば、何はともあれ何かを撮りに行きたい。2414G、3514G、5814Gは非常に扱い易い画角を持つがゆえに、コンドミニアムの敷地内でいくらでも試写する事が出来る。しかし「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」については中望遠レンズがゆえに、その200mmの焦点距離を十分に発揮できるよう、久しぶりに「DESA PARK CITY」に赴いた。

この公園はレンタル自転車があり、熱帯植物の整備もしっかり行き届いていて、全体の雰囲気が良い。写真はレンズと下準備。それなりの写真を撮ろうと思ったら、まずは全体の雰囲気が良い所に足をのばす必要があるだろう。

半日間、D4とAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIを合わせて園内を歩き回っていたが、思いのほか小型軽量なので重量自体は全く苦にならなかった。これであれば、旅行のお供にも十分連れだせるだろう。

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 200mm

DESA PARK CITYの植物は管理が非常に行き届いており、一年中熱帯植物が咲いている。

パーゴラの上に咲く花を200mmで切り撮った。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO250 (自動制御)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 200mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

焦点距離 135mm

熱帯植物を135mmで切り撮った。画像をクリックすると大きめのサイズの写真がダウンロードできるようになっているが、ここでボクが見たかったのは、本レンズ自慢の「解像感」

なるほど。
これは噂通り、とんでもなく解像するレンズだ。
それも周辺部までキッチリと。

ボクはボケ味至上主義者であって、解像感至上主義者ではないが、ここまで解像してくれるとやはり気持ちが良い。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/250s
ISO感度 ISO100 (自動制御)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 135mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

TOP