THAI KRABI / PHIPHI ISLAND
タイ クラビ / ピピ島
- 5 -

引き続き、「タイ クラビ/ピピ島」で撮影した写真をご紹介させていただくコーナー、第5弾である。画像をクリックすると原寸大画像が表示されるようにしてあるので、興味のある方は「14-24mmf/2.8G」「24mmf/1.4G」「35mmf/1.4G」「58mmf/1.4G」といった究極レンズが織りなす圧巻の描写力を細部まで検証頂ければ幸いである。

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F6.3

今回宿泊のホテル「SOFITEL KRABI」。日中の写真であれば、誰にでも撮れるが、日没後はそれを撮ろうとする者にしか撮れなくなる。ボクの場合は日没直前から40分程度が勝負どころ。

ボーっとしてるとあっという間に素晴らしい瞬間が終わってしまう。その時になって慌てないためには、まだ明るいうちから何枚か撮影して構図を確認しておくことが大切だ。

撮るのは一瞬だが、その下準備には時間がかかる。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F6.3
露光時間 8s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード LV 拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F6.3

雲が少ない状態であれば、プラス補正気味の写真を採用するが、生憎この日は雲が厚い状態だったので、重たい空の雰囲気を出すために逆にマイナス補正をかけた写真を採用した。

空の露出と、地上の露出をどのようにすべきか悩むシチュエーションだった。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F9
露光時間 30s
ISO感度 ISO200
露出補正 -0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード LV 拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F3.5

ブルーモーメントがほぼ終わりに近付いている。「もう終わりなんだけど、あともう数枚だけ!」と粘って撮影したものだ。肉眼の現実世界は既に真っ暗になっているが、「D4」と「3514G」はここまで、はっきりとくっきりと明るく描写する。

絞りF3.5にも関わらず露光時間が30秒となっていることからも、周囲の暗さが分かろうというものだ。この時間帯になるとたった30秒の露光時間でも次の一枚では全く条件が異なる。この2枚の後には完全に空からブルーモーメントが消失し、真っ暗闇となった。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 30s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード LV 拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」

絞り F3.5

超広角レンズの14mm端を用いて撮影した一枚。空が紫色に染まった。シンガポールやマレーシアでも紫に染まる事がよくあるのだが、どのような条件だと紫になるのか、いまだによく分かっていない。

それにしても「SOFITEL KRABI」のプールは立派なもので子供たちも楽しかったようだ。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 30s
ISO感度 ISO200
露出補正 +1.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LV 拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

撮影時間 夕方

ブルーモーメントは何も空を写し込めば良いというものではない。空の写真ばかり撮っていても飽きてくるだろう。よって、ブルーモーメントを間接利用した写真を撮ろうと思い、ロビーエリアで撮影を開始した。

この作例のように窓ガラスを青くする事によって、ロビーエリアにも夜が近づいている事が分かる演出にした。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 4s
ISO感度 ISO200
露出補正 +2
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード LV 拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」

撮影時間 早朝

これは同じブルーモーメントの写真だが、一つ上の写真と違うのはこれは早朝に撮影したブルーモーメントだという事だ。朝日が昇り、これから新しい一日を迎える。そんな演出をしてみたかった。

ところで、この日の早朝は一部の天井照明が点灯していなかったのでロビーの方にお願いして天井照明を全て点灯してもらった上で撮影を開始している。やはり、このようなシチュエーションでは天井照明があるのとないのでは全然違うだろう。

それにしても、お願いしたら快く撮影に協力してくれるのは有難い。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 5s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LV 拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ

「タイ クラビ/ピピ島 - 6 -」へ

TOP