THAI KRABI / PHIPHI ISLAND
タイ クラビ / ピピ島
- 4 -

引き続き、「タイ クラビ/ピピ島」で撮影した写真をご紹介させていただくコーナー、第4弾である。画像をクリックすると原寸大画像が表示されるようにしてあるので、興味のある方は「14-24mmf/2.8G」「24mmf/1.4G」「35mmf/1.4G」「58mmf/1.4G」といった究極レンズが織りなす圧巻の描写力を細部まで検証頂ければ幸いである。

機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

撮影場所 ピピ島

今回の撮影旅行の中で、おそらく5本の指に入る1枚。しっかりと水平を撮らなければならないが、揺れる船の上は思いのほか足場が悪く、更に悪い事に船酔いのグロッキー状態
ファインダーを覗きながら撮影していると「ゲロッぱ」してしまいそうだったのでLVモードで撮影していたが、それでも気持ち悪くなってくる。船酔いするなんて25年ぶりくらいかもしれない。
それでもこれが撮れたのであれば、全て良しとなる。

近景では絶品ボケを持ち、中・遠景において解像力を発揮するように新設計された「5814G」はこの距離感で葉っぱの一枚まで解像するパワーを発揮する。これこそがニコンからの新回答。実際すさまじい解像力で、葉っぱの一枚・枝の一本まで解像してくれる事によって初めて、緻密で繊細な写真となる。駄レンズでは、こんなマネは出来ない。

究極の景色は、究極のレンズで、撮りたいと思う。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/250s
ISO感度 ISO200
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LV AF-F ノーマルエリア
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

撮影場所 ピピ島

上記写真とほぼ同じ場所で縦構図にして撮影した。もちろん、横構図のほうが収まり通いが、縦構図でも撮っておいて損はないだろう。

D一桁機にはバッテリーグリップがあるので縦構図の撮影が極めて楽。積極的に縦構図も撮りたくなるマシンだ。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/320s
ISO感度 ISO100
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LV AF-F ノーマルエリア
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

絞り F7.1

このような絶景シチュエーションでは、目にするもの全てをフレームに入れたくなるので広角レンズを使いたくなる。しかし、実は広角レンズは扱いが難しく、後日、家に帰って見てみたら小粒の写真ばかりになってしまったという例が後を絶たない。ありがちな失敗としては標準ズームレンズを装着して旅行した際、つい広角ばかりで撮りすぎてしまって、全部小粒の写真になる事だ。しかも、一か所に立ち止まってズーミングしただけで構図を決めた気になってしまう

そのような失敗を防ぐためにも、主に単焦点レンズを用い、その画角で無理にでも撮影しておく事は重要だ。つまり強制的に24mm、35mm、58mmで取り分けておく。単焦点レンズで撮影した写真に「ていねい感」が生まれるのは、足ズームを使い、前後左右に動いてその画角で何とかしなけらばならないからだ。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F7.1
露光時間 1/125s
ISO感度 ISO160
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

撮影場所 ピピ島

旅行において35mmは死角のない究極画角。程よく収まる35mmは何を撮っても様になる。

このレンズも、細かく見れば見るほど超高解像レンズだ。こんなに離れた所から葉っぱの一枚・枝の一本まで解像している。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO100
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード LV AF-F ノーマルエリア
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

撮影場所 ピピ島

35mmで縦構図を撮っておくことも忘れずに。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5
露光時間 1/100s
ISO感度 ISO100
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード LV AF-F ノーマルエリア
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

撮影場所 ピピ島

船がちょうどよい配置になったところで、奥行き感を出すように島を配置して撮影した。惜しむらくは、左側に写っている船がが少しゴチャ付いている事だが、こればかりはコントロールできず、あるものを撮るしかない。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5
露光時間 1/640s
ISO感度 ISO100
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

「タイ クラビ/ピピ島 - 5 -」へ

TOP