シンガポールの夜景 マジ撮り
「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

先稿にてお伝えしたとおり、「2414G」と「3514G」を手に入れてからというもの、かねてから撮影したいと思っていたシンガポールの夜景を遂に撮影する機会に恵まれた。この両者は素晴らしいボケ味を持つレンズだが、明るいレンズと言う事は夜景性能もその他のレンズとは一線を画したものでなければならず、それを確認するためにもどうしても「シンガポールの夜景」を撮影する必要があったのだ。

ここの夜景は幾度となく撮影しているので、日付は違えど同じ風景を同じような条件で撮影できる、絶好のレンズ試写ポイント。このポイントを超える場所を探そうたってなかなか無い。先に2414Gのパワーをお伝えしているが、本稿では3514Gの作例をご紹介したいと思う。

ところで、ニコンのホームページで3514Gの項目を開くと、「コマ収差が小さく、画面全域にわたって、照明の一つひとつを美しい点光源として自然に描写」という一文が載っている。これはすなわち、5814Gと同様点光源再現性に優れたレンズと解釈することが出来る。これについては別稿にて詳述しているが、3514Gの開放でのサジタルコマフレアの抑制力はボクが想像していた以上であり、素直に驚いてしまった。

このレンズも、やはり鬼レンズだった。ニコンが放つフラッグシップレンズは、伊達じゃない。

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F8

ボクの場合は日没直後15分程度が勝負どころであるが、撮影に臨む際は、例えそこが知り尽くしている撮影ポイントでも1時間前には目的地に到着しておきたい。

慣らしも兼ねて撮影しておくと、本番で慌てる事無くきっちりと撮影を進める事が出来るだろう。

この画像では、普通に撮って出しのままだとあっさり過ぎてつまらない。RAW現像時にCapture NX2で強めのコントラストをかけて現像している。多少いじくっても、ものともしないD4の画像は非常に扱いやすいものだ。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1.6s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 ポータブル三脚・レリーズケーブル

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F4

この写りやばい。やばすぎる。
やっとこさ3514Gのパワーをフルに引き出した撮影をする事が出来た。このクラスのレンズのパワーを引き出すためには、「目の前に絶景がある事」、「三脚を使う事」、「レリーズケーブルを使う事」、「しっかりした事前準備」と、「きっちり手順を踏んだ撮影をする事」などの基本的事項が求められる。
画像をクリックすると原寸大が表示される。これが、3514Gのパワー。ド級の性能であり、このレンズを使って不満に思うのであれば他に使うレンズは、殆ど無い。
あとは最高のレンズを、どう使うかが問題だ。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 2s
ISO感度 ISO200
露出補正 +1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 ポータブル三脚・レリーズケーブル

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F5.6

少し構図を変えて撮影。別途紹介させて頂きたいと思っているが、3514Gは絞り開放でのサジタルコマフレアが想像以上に抑制されており、素直に驚いてしまった。これは期待以上。

開放付近から使える性能を持っているのに、更にそれを4段も絞って撮影するとどのような事になるかと言うと、このような事になる。全域にわたって均一かつ最高品質の描写。

これが、希望価格25万という常軌を逸脱したレンズが叩き出す性能であり、それを求めた者だけが手に出来るいわば究極の自己満足レンズだ。コイツを使ってしまうと、他は使えなくなる。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 3s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 ポータブル三脚・レリーズケーブル

TOP