Masjid Negara

先週はモスク・コレクション(写真)を増やすべく、「Masjid Jamek」に足を運んだのだが、今回はKLで最も有名なモスク「Masjid Negara」を訪れたので以下にご紹介したい。ところで、この日は6月の第3日曜日なので「父の日」などとされる。長女は既に8歳となっているが、いまだに父親と言う感じがしない。しかし、一応父親であるので、祝ってもらう権利はあるようだ。
狙った訳ではないのだが、入手したばかりの 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」 が手元にある。「何がいい?」的な事を聞かれたが、欲しいものは既に手元にある。そこで、ボクが求めたのは自由時間。つまり、気兼ねなく撮影できる時間だ。当然だが、レンズがあっても時間がなければ撮れないだろう。朝食を取ったら間髪入れずバックに「14-24mmf/2.8G」、「2414G」そして「3514G」を詰めて、まずは「Masjid Putera」に向かい「3514G」の試写、次いでマレーシアに来て以来タイミングが合わなくて一度も訪れたことがなかった「Masjid Negara」に向かったのであった。

いつもは小さな娘たちを連れまわして撮影しているが今回はボク一人。子供たちは被写体として非常に魅力的だが、彼らが居ると荷物が増え、好き勝手にどこかに行こうとするので行動力が一気に落ちるのも事実。しかし、今回はボク一人だけなので、全ての行動を自分の思った通りに無駄なく行うことが出来た。非常に身軽だったし、好きなだけ撮影できた。たまにはこんな日があってもいいだろう。

機種 D4 「AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED」

「Masjid Negara」

当然のことながらモスクはイスラム教徒の方々にとってとても神聖な場所であり、普通に考えればイスラム教徒でない人は入れない。しかし、マレーシアの場合は入場時間の制限はあるものの、決められた時間内であれば中に入れるのだ。
モスクによって中に入れる時間帯が違うので注意。

ボクが入場したのは15〜16時までの時間帯である。
レンズ AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO100
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED」

「KTM Berhad」

「Masjid Negara」に入場できるのは15時〜だが30分早く到着してしまった。暑い中、ただ待つのも面白くないので付近にある「KTM Berhad」の撮影をしてみる。

柵が邪魔なのでLVモードにして万歳の体勢で撮影していたのだが、いつの間にかLVモード切り替えスイッチが「動画」に切り替わっており「16:9」で撮っていた。

このミス、たまにあるのだが曇り空だったし「16:9」でも問題はない。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO100
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード
ピクチャーコントロール 風景
三脚 なし。カメラを床に置いて撮影。

機種 D4 「AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED」

「KTM Berhad」

柵が邪魔だったが、正面からLVモードを使って万歳の体勢で撮影している。これも「16:9」で撮ってしまっているが、大きな問題はない。

苦しい体制だったが、LVモードだと液晶画面に水平、垂直線を表示させることが出来るので案外水平を合わせやすい。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/125s
ISO感度 ISO100
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード
ピクチャーコントロール 風景
三脚 なし。カメラを床に置いて撮影。

機種 D4 「AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED」

これは「KTM Berhad」の目の前にある「クアラルンプール駅」だ。歴史的な建築物だが、ボクの中で心配なのは地震が起きたら「ボキッ!」って柱が折れそうな事だ。

ところで、ボクはこのように誰にでも撮れるような日中の写真にはあまり興味がなく、これを撮るのであれば夕方から日没にかけて撮影したい。ただし、治安が良いとは言えないエリアなので日没時に悠然と三脚を立てて長時間露光しているのは危険。

海外の犯罪をナメていると、痛い目を見るだけじゃ済まされない。
レンズ AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/400s
ISO感度 ISO100
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 19mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

「KTM Berhad」

そろそろ「Masjid Negara」への入場時間が近づいてきたので戻ることにした。これは「Masjid Negara」から見た「KTM Berhad」。35mmという焦点距離は非・日常的な不自然さがなく見た目に心地が良い。

そして入場時間になり、遂に「Masjid Negara」に入ることが出来た。マレーシア国内で最も有名なモスクの一つにもかかわらず、何故か今まで中に入れていなかった国立モスク「Masjid Negara」の写真は以下である。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/250s
ISO感度 ISO100
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED」

「Masjid Negara」

素晴らしい建築を目の前に、物凄く中まで入って行きたいが、非ムスリム(イスラム教徒では無い人)はここから一歩も中に入ることは出来ない。(※右下の注意書きに注目)

それでも、非ムスリムの人たちをここまで中を見せてくれる「Masjid Negara」に感謝したいものだ。
レンズ AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/40s
ISO感度 ISO400
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

「Masjid Negara」

あと10メートル前に進める事が出来るのであれば「AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED」の独壇場となる空間だが、この地点からでは広角過ぎる。

ここは2段絞ってまだf/2.8もある「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」と「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」に任せたほうが得策。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/60s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

「Masjid Negara」

昨日購入したばかりの「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」だが、昔から「35mmf/2D」を利用しているので何ら違和感なく取り扱うことが出来る。

「35mmf/2D」から変わったことと言えば、その圧倒的なパワーだ。「35mmf/2D」ではこんな風に写らないし、写せない。

これでボクの「モスク・コレクション(写真)」は5つとなった。次なるモスクを何処にしようか、今から考えているところなんだ。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.2
露光時間 1/50s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

TOP