2014 Formula 1 Malaysian Grand Prix
F1 マレーシアグランプリ

先稿からの続きで「2014 Formula 1 Malaysian Grand Prix」の様子をお伝えしたいと思う。ボクの下手な流し撮り写真ばかり掲載しても飽きてしまうと思うので、F1マシン以外の写真もいくつか載せている。
折角なので画像をクリックすると大きなファイルも参照できるようにしてある。猛スピードで突っ込んで来るF1マシンドライバーのヘルメットに、望遠レンズでピントを合わせながら、低速シャッターで流し撮りすることの難しさを、拡大写真を見て感じて頂ければと思う。

機種 D4 予選

レッドブル
セバスチャン・ベッテル

巻き上がる水煙でAFが難しかったが、煙の中からマシンが現れるとピントを合わせる事が出来る。

マシンさえ見えれば、シャッターを切るだけでこのカットをゲットできてしまうこのD4の圧倒的AFのパワー。流石一桁機だ。
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
テレコンバーター AF-S TELECONVERTER TC-20E II
露出モード シャッター優先オート
絞り F7.1
露光時間 1/400s
ISO感度 ISO250
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 600mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚使用

機種 D4 ポルシェ・カップ

日中は明るすぎてシャッター速度が落ちないためISO100に対して1段減感、つまりISO50で撮影している。

フィルムでは低感度ほど写りが良いとされていたが、D3世代までの常用最低感度はISO200だった。ISO100やISO50が無かったのには、何らかの理由があると思っているのだが、試しにD4でISO50で撮影してみたがこの通り、何の問題もなさそうだ。
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
露出モード シャッター優先オート
絞り F14
露光時間 1/80s
ISO感度 ISO100に対して1段減感
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 300mm
AFモード AF-C ダイナミック9点
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚使用、流し撮り

機種 D4 やはり肉食系・ワイルド系の女性よりも、見た目に日本人に近いチャイニーズ系のキャンペンガールの方が、個人的には好み。

柔らかなボケ味を醸し出す8514Dは、美しいキャンペンガールを写し撮るのに最適なレンズだろう。85mmf/1.4というレンズに、「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」以上の何を望もうか。
レンズ AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.5
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 ファイナル

メルセデスAMG
ルイス・ハミルトン
2014年マレーシアグランプリ 優勝

流し撮りほぼ限界速度の1/40s。一見ピントが合っているように見えるが、拡大するとブレている。

「もの凄く難しい。」
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
露出モード シャッター優先オート
絞り F18
露光時間 1/40s
ISO感度 ISO160
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 300mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚使用、流し撮り

機種 D4 ファイナル

ウィリアムズ
バルテリ・ボッタス
2014年マレーシアグランプリ 8位

これは1/80sの流し撮り。
上記写真と撮影ポイントはほぼ同じであるが、やはり1/40sと比して2倍のシャッタースピードになると歩留りが上がる。

ボクにとって一つの壁は1/30sだ。このss速度以下は無理。
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
露出モード シャッター優先オート
絞り F18
露光時間 1/80s
ISO感度 ISO250
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 300mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚使用、流し撮り

機種 D4 予選

レッドブル
ダニエル・リカルド

トロ・ロッソ
選手不詳

これは完全にヘルメットにピントを合わせつつ、構図的にも2台のマシンが入っているので、結構満足できるカットだ。
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
テレコンバーター AF-S TELECONVERTER TC-20E II
露出モード シャッター優先オート
絞り F9
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO160
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 600mm
AFモード AF-C ダイナミック9点
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚使用、流し撮り

8
機種 D4 ポルシェ・カップ

ヘッドライトにピントを合わせている。ブレーキキャリパーの文字まで認識できる解像力は流石はサンニッパ。これが旧型のレンズだとは思えないが、これがサンニッパのパワーだ。

個人的には、ヨンニッパが欲しい。
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
露出モード シャッター優先オート
絞り F14
露光時間 1/80s
ISO感度 ISO160
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 300mm
AFモード AF-C ダイナミック9点
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚使用、流し撮り

8
機種 D4 どちらかというと、ワイルド系
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード シャッター優先オート
絞り F2.2
露光時間 1/160s
ISO感度 ISO100
露出補正 -0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

2014 Formula 1 Malaysian Grand Prix - 6 -

TOP