Masjid Putra 「ピンクモスク」
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

ここ最近は「2414G」をD4に付けっ放しにして撮影していたが、そろそろ本格的に何かを撮影したくなったので、久しぶりにMasjid Putra、通称「ピンクモスク」に足を運んできた。ここの堂内は20mm以下の広角レンズ「14-24mmf/2.8G」が無ければ全部を写し込む事が出来ない事は知っているのだが、敢えて「14-24mmf/2.8G」は持って行かず、「2414G」と「5814G」のみで勝負した。本当であれば大型三脚を使えれば最高なのだが、モスクでそれを使うのは流石に気が引ける。で、このようなシチュエーションで役に立つのがポータブル三脚「Fotopro [M-5 MINI + FPH-53P]」だ。これならば人様に迷惑をかけず、地面スレスレで撮影できる。

元々2414Gは超・マニアックレンズであり、これに大枚叩いて本当に購入してしまう方は極めて少数だと思われる。故にD4+2414Gの原寸ファイルを見た事のない方も大勢いらっしゃると思うので、画像をクリックすると大ファイルが参照できるようにした。2414Gの圧倒的パワーがどのようなものか気になる方は、大ファイルもご参照いただければ幸いである。

機種 D4 手持ちで撮影したもの。以前からの繰り返しになるが、このようなシチュエーションでは完全に水平・垂直・中心に撮影することを心がけている。やってみると分かるが、これがメチャクチャ難しく、中心を合わせないと全てを水平に写すことは不可能だ。この写真は傾き補正や、トリミングもしていない、オリジナルサイズの画像となる。

言うまでもなく、水平に撮れていればよいという訳ではなく、細やかな装飾がブレずに、完全に写し止められている事は必要最低条件だ。高感度番長のD4でも高感度には頼らず感度はISO200。ボクの腕前では、水平垂直中心を合わせながら、かつ手ブレ無しに写し止められる限界速度を1/60Sと判断し、絞りはF2.2で撮影した。このように、ギリギリの条件に追い込めば追い込むほど、F値1.4〜のレンズが役に立つ。
「手ブレ補正?」ボクはそのような補正機構に興味はない。実際、ボクが所有する全レンズは手ブレ補正機構なしレンズだ。ボクにとって手ブレ補正よりもずっと重要なのは、そのレンズ単体が持つ「明るさ」なんだ。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.2
露光時間 1/60s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 このようなシチュエーションでは「14-24mmf/2.8G」のパワーも圧倒的だが、「2414G」のパワーも圧倒的だ。ここまで凄い描写をしていながら、まだF2.8未満なのだから。

これはボクが目で見える限界を超越しており、家に帰って画像を確認するにつけ、「はぁ〜。コイツはすげぇ・・・。」と、ため息が出る。ボクは裸眼視力0.1以下でしかないので、余計にそう思うのかもしれない。

ちなみにこれも手持ち撮影で、細かな装飾がブレずに写せるであろうシャッター速度を1/60sと仮定し、F2.5まで絞って撮影したものだ。トリミングなし、傾き補正なしのオリジナル画像。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.5
露光時間 1/60s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 F5.6まで絞り、露出補正をやや強めにかけて撮影したかったので、ポータブル三脚を使って撮影したものである。結果的にシャッター速度は1/6sとなり、手持ちで細やかな装飾をブレずに写すのは不可能な領域となっている。
これは地面スレスレで撮影しているので、ファインダーを覗く事が出来なかったが、このようなときはLVモードがとても役に立つ。それでも、撮影後にしばらく首が痛いような態勢で撮影していたため、バックアップで何枚も撮影したのにもかかわらず、微妙〜に傾いているものばかりになってしまった。よって、泣く泣くCPNX2での現像時において傾き補正に頼っている。
構図作りは、その場で出来る事。その場で出来る事はそこで全部決めるのがボクの主義だが、現像時に傾き補正にお世話になる事もある。

それにしても、2414Gの圧倒的パワーが少しは伝わってくる絵だと思うのだが、どうだろう。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/6s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード LVモード ノーマルエリアAF
ピクチャーコントロール 風景
三脚 ポータブル三脚

TOP