Singapore Feb.2014 - 写真集4 -

先稿からの続きで、2014年2月に撮影したシンガポールの風景を、順不同で掲載させて頂きたい。画像をクリックすると大ファイルが参照できるようにしたので、興味がある方は大ファイルもご参照いただければ幸いである。

機種 D4 「マリーナ・ベイ・サンズ - Marina Bay Sands -」

朝早くに起きてしまったので、宿泊先のホテルからマリーナベイサンズまで徒歩で歩き、撮影したもの。この時間はまだ真っ暗だが、シンガポールは治安が良いので、身の危険は感じない。

周囲を気にせず安心して撮影できるのは、写真好きにとっては非常に大きいメリットだ。
レンズ AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 8s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 「シンガポール川」

シンガポール川からマリーナ・ベイサンズを望む。

このような被写体の場合、完全に水平・垂直で撮影する事に気を使っている。これが簡単なようでいてなかなか難しく、全ての建築物・構造物が水平垂直に見えるように撮るのは、パッと撮っただけでは不可能。厳密に構図を追い込む必要がある。
たとえばこの写真の場合、中央の橋、奥のマリーナベイサンズ、右奥のビル、これらが全て垂直・水平にするように撮影している。

RAW現像時に水平処理をすることも可能であり、その手法について一切否定するものではないが、構図作りに関しては「その場で出来る事」だ。その場で出来る事は、撮影時にやっておきたい。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F10
露光時間 20s
ISO感度 ISO100
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 「マリーナ・ベイ - Marina Bay -」

早朝のマリーナベイサンズでの撮影を終え、徒歩でホテルに戻る途中で撮影したもの。信号待ちをしている間、ふと左方向を見るとビルに朝日が反射して、見慣れた風景が全く違う表情を見せていた。

「あ。これいい。」と思ってシャッターを切った。この時装着していたレンズは「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」。このレンズは、切れがあり、味がある。目で見て感じた事を表現できた、お気に入りの一枚となった。

露出オーバーを防ぐべく、マイナス補正をすることを忘れずに。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.5
露光時間 1/250s
ISO感度 ISO200
露出補正 -0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「ガーデンズ バイ ザ ベイ - Gardens By The Bay -」

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは非常に広大で巨大な建築物が林立しているので、超広角レンズが役立ち、「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」では望遠すぎて構図作りには難儀する。

それでも、歩き回って小高い場所を捜し出し、58mmできっちりと構図を作ったつもりである。もちろん、構図を作ればそれでよいという訳ではなく、シャッターのタイミングも重要である。この時間はマリーナベイサンズで「レーザーショー」をやっている事を知っているので、丁度ビルが青いイルミネーションで染められた瞬間にシャッターを切っている。

このタイミングを逃すと、マリーナベイサンズの壁や船底は白色のままで、ここまでの彩りは得られない。何回も通っているからこそ、次に何が起こるのか予測が可能で、必然的にこのようなタイミングで撮影できる。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F11
露光時間 10s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 「マリーナ・ベイ - Marina Bay -」

朝のブルーモーメントがクライマックスを迎えたタイミングでの撮影である。このピンク色がかかった藍色は、シンガポールのマリーナベイ特有の色。

通常のインディゴブルーに染まるブルーモーメントも好きだが、ピンクがかかったシンガポールのブルーモーメントは特筆すべき美しさがある。しかも、今回は終日、今まで訪れたなかで最も空気が澄んでいて、非常にラッキーだった。

このカットが今回の撮影で最も優れたカットとなった。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 3s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 「シンガポール川」

「Cavanagh Bridge」から「フラトンホテル」を眺めるカップルを後ろから激写したもの。折角、究極レンズ「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」を所有しているのであれば、絞り開放で撮ってみたいと思うのは写真好きにとって至極当然の欲求であろう。

絞り開放、ISO500でも1/30s。

ここまで暗いと勿論三脚が必要で、ピントはLVモードの拡大鏡を使ってMFフォーカスで決めている。

この描写。流石は「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」だ。と、言うか1グラム当たり500円オーバーもするこのレンズが駄レンズだったら、もはや詐欺罪に相当する。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.4
露光時間 1/30s
ISO感度 ISO500
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

次へ

TOP