Singapore Feb.2014 - 写真集2 -

先稿からの続きで、2014年2月に撮影したシンガポールの風景を、順不同で掲載させて頂きたい。画像をクリックすると大ファイルが参照できるようにしたので、興味がある方は大ファイルもご参照いただければ幸いである。

機種 D4 「ガーデンズ バイ ザ ベイ - Gardens By The Bay -」

厳密にピントを合わせるべく、LVモードのMFフォーカスを使っている。そよ風でも枝がしなって花が暴れるが、それでも何とかピントを合わせる事が出来た。

背景に玉ボケが出来るようにするのを忘れずに。実際には、玉ボケを出すために地面スレスレの非常に苦しい態勢で撮影したりしているのだ。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/320s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「クラーク・キー - Clarke Quay -」

「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」を用いてクラーク・キーを切り撮った。5014Gから叩き出される写真は、時に非常に抜けの良い写真になる。

長時間露光をすべくISO100、F11で撮影している。光芒の美しさで云えば35mmf/2Dの方がボクは好みだ。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F11
露光時間 25s
ISO感度 ISO100
露出補正 +1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 「シンガポール川」

これも上記と同じく、「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」を絞り込んで長時間露光をした上で撮影したものだ。ただ対岸を撮っただけではつまらないが、光跡を入れることによってアクセントを追加する事が出来る。

ちなみに、一番奥に写っている波々した三角形のホテルがボクが滞在していたホテル「Furama Hotel City Centre」だ。あそこから重量級の装備を持って、徒歩で撮影しながらぐるーーーーーーーーーと回っている。

写真はシャッターを押すだけだと思われがちだが、そんなに簡単じゃない。最も大事なのは「そこに行く事。その瞬間、そこに居る事。」それが簡単なようでいて、なかなかできない事なんだ。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F11
露光時間 25s
ISO感度 ISO100
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-S シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「ガーデンズ バイ ザ ベイ - Gardens By The Bay -」

これもガーデンズバイザベイ。グーグルマップでホテルからガーデンズバイザベイのルート案内で最短直線距離で3km離れているが、それこそあっちに行ったりこっちに行ったりしているので、実際は10km以上は歩いている。結局、食事をする時間を惜しんで約4〜5時間歩き通した。

体力的にはかなり疲れるが、好きな事をやっているので、精神的には健全で充実している。夜景において、ボクの撮影ペースに合わせながら歩ける人は・・・、多分ほとんどいないと思う。

誰もがうんざりすると思うほど、同じ場所でしつこく撮影している。
レンズ AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5
露光時間 2s
ISO感度 ISO200
露出補正 -1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 「シンガポール川」

ボクの悪い癖で、「AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED」を持つとどうしても20mm以下の超広角に逃げてしまう自分が居る。2414Gを切望して居るボクとしては、24mmの苦手意識を克服しなければならないのだが・・・。
レンズ AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F11
露光時間 20s
ISO感度 ISO100
露出補正 +1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 「シンガポール川」

これも今回撮影した中で、ベストショットと言える一つだ。

正確には、向かって手前側の照明付近に置きピンをして道行く方々を撮影しており、主たる被写体が向かって奥側の照明付近にいたことからピンボケになってしまっているのが、非常〜に悔やまれる。

それでもお子様や奥様のしぐさ、見送る友人達の温かい表情をうまくとらえることを出来た事を考えると、ベストタイミングな一枚だったと思う。これが1秒前だったり、一秒後だったら全く違う写真になっている。

これでご家族にピントが合っていれば、久々にパーフェクトな一枚になったと思うが、写真はそんなに楽じゃない。パーフェクトな一枚なんて滅多に撮れないからこそ、悔しいし、面白いんだ。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.6
露光時間 1/80s
ISO感度 ISO800
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード MFフォーカス 置きピン
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚/レリーズケーブル

次へ

TOP