バリ島 - 写真集3 -

先稿からの続きで、バリ旅行にて約3,000枚撮影した写真のうちの一部を順次紹介させていただこうと思う。

機種 D4 グランド ニッコー バリから見た夜景。

良く手入れの届いた庭であるが、如何せん蚊が多くて足を踏み入れる事が出来なかったのが残念。
レンズ AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 20s
ISO感度 ISO400
露出補正 +3.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 20mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 三脚・ミラーアップ・レリーズケーブル

機種 D4 バリダンス。

背景が暗闇の、黒台紙の写真だったらと思うが、こればっかりは仕方がない。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2
露光時間 1/100s
ISO感度 ISO400
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 なし

機種 D4 お土産で購入した、JENGALLAのコーヒーカップと、バリコーヒー。

粉末に挽いたコーヒーで、フィルターなしでお湯を注ぎ、上澄みを頂く。
レンズ AiAF Micro Nikkor105mm f/2.8D
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1.6s
ISO感度 ISO100
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード LVモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 三脚・ミラーアップ・レリーズケーブル

機種 D4 開発が続くバリの夜景を切り撮った。

三脚が無く手持ち撮影となる。
このようなシチュエーションでは高感度スペシャルの「D4」と、超・夜景スペシャルの「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」のパワーが活きてくる。

絞りはF2で十分な解像力が得られ、ISO1600で撮影したとは思えないノイズの無さに惚れぼれとする。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2
露光時間 1/13s
ISO感度 ISO1600
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 グランド ニッコー バリのプライベートビーチにて。

バリの海は波が高い。動感を表現する手法に、スローシャッターと高速シャッターがあるが、これは1/2000sの高速シャッターで波を写し撮った。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/2000s
ISO感度 ISO100
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 グランド ニッコー バリのレストランにて地元ビールのバリ・ハイを切り撮った。

ISO8000。

構図的にもうちょっと上を向けた方が良かった気がするが、この時は酔っぱらってたから仕方が無い。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2
露光時間 1/125s
ISO感度 ISO8000
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード MFフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

次へ

TOP