Singaporeの夜景 -6-
Gardens by the Bay

先稿からの続きの写真を掲載させて頂こうと思う。とても全部は載せきれないのだが、これでもほんの一部の写真たちなのだ。

機種 D4 ガーデンズバイザベイとマリーナベイサンズを繋ぐ連絡通路から「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」を使って撮影したもの。場所的に広角レンズを使いたい気がしたが、「撮り疲れて」レンズ交換がもはや面倒になっていたので58mmでそのまま撮影した。

F4まで絞ればカリカリにシャープになる。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
絞り F4
露光時間 6s
ISO感度 ISO100
露出補正 +1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 28mm
AFモード ライブビュー/マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 ガーデンズバイザベイとマリーナベイサンズを繋ぐ連絡通路から。

色が逐一変わるので、好みの色になったら撮影しよう。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
絞り F4
露光時間 5s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード ライブビュー/マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 「Gardens by the Bay」

ガーデンズバイザベイからマリーナベイサンズを、ボクの中で夜景おなじみレンズ「AiAF Nikkor 35mm f/2D」で撮影したもの。

見た目に心地の良いサイズは、35mmならでは。
レンズ AiAF Nikkor 35mm f/2D
絞り F4
露光時間 3s
ISO感度 ISO200
露出補正 +1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード AF-S
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 「Gardens by the Bay」

「AiAF Nikkor 35mm f/2D」の上記写真から全く同じ場所で、三脚の自由雲台も動かさずに「「AiAF Nikkor 28mm f/2.8D」で撮影したもの。

28mmの画角もスパッと決まって、悪くないだろう。これが一万円チョイで入手したレンズとは到底思えない。本格的に写真を撮りたいなら、このような安い中古単焦点に投資するのが効果的だと思う。
レンズ AiAF Nikkor 28mm f/2.8D
絞り F4
露光時間 4s
ISO感度 ISO200
露出補正 +1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード AF-S
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル

機種 D4 「Gardens by the Bay」

ワイヤーの一本はおろか、フェンスの網目まで解像し切るパワーが魅力の「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
絞り F4
露光時間 2.5s
ISO感度 ISO200
露出補正 +1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-S
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚/ミラーアップ/レリーズケーブル


機種 D4 「Ths shops of Marina Bay Sands」

「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」の味を生かした作例のうちのひとつ。確かに、ズームレンズは画角を自由に変更できるので便利だが、最大の欠点は撮りたいものの「大きさ」をズーミングで決定して、それで構図を作ったと「満足してしまう」ことにある。
58mmのような単焦点は、画角が固定しているが故に、何とかそれをうまくフレームに収めようと努力するので、丁寧に撮った写真になりやすい。
どんなに枚数を重ねても自分の写真に満足できないのだとしたら、28〜85mm程度の単焦点レンズに付け替えてみると上達するかもしれない。
手持ちにつき、ISO感度を上げて撮影している。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
絞り F2
露光時間 1/125s
ISO感度 ISO400
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-S
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

Singaporeの夜景 -7-

TOP