Masjid Putra
Pink Mosque

「D4」と「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」を購入したのであれば、建築物を撮影してみたいと思うのは写真好きとしては当然のことであろう。そして大変運が良い事に、ボクは今現在マレーシアに住んでいるので、日本では撮影したいと思っても中々撮影できないであろうモスクがある。そんな訳で、急にモスクを撮影しに行こうと思い立ったのであった。

無数にあるモスクの中でまず最初に思い浮かんだのは、「ブルーモスク」「ピンクモスク」「国立モスク」であるが、ピンク色が大変特徴的で珍しいモスク、「ピンクモスク(Masjid Putra)」に足を運ぶ事にした。装備的には「D4」および「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」は当然のことで、一応「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」を持っていった。三脚は使用禁止だと思ったので、最初から持っていかなかった。

機種 D4 細やかな装飾がびっしりと施された、ピンクモスク堂内。
このようなシチュエーションこそが、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDが真のパワーを発揮できるシーンである。
シャッター速度的に苦しいものがあったのだが、ISO100にこだわってLVモードを使って床に固定して撮影した。

現像処理して画像がなんだか長細い事に気が付いたのだが、動画ライブビューモードで静止画撮影した場合、アスペクト比が16:9になるそうだ。
そんなことは全く知らなかったのだが、構図的には16:9でも問題ない気がするのでとりあえずは良しとする。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/5s
ISO感度 ISO100
露出補正 +1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード
ピクチャーコントロール 風景
三脚 なし。カメラを床に置いて撮影。

機種 D4 なるべく低感度で頑張りたいが、実際問題としてブレたらすべてが台無しになるのでISO感度を上げて撮影した。こういう時に、D4の高感度耐性は非常に役に立つと思うし、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの一段絞るだけでカッチリ写る描写性能と合わせれば、マジで最強の組み合わせだと思う。

露出補正-0.5で撮影してISO感度を少し稼ぎつつ、Capture NX2でプラス補正している。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/40s
ISO感度 ISO560 (オート)
露出補正 -0.5
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 16mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


TOP