shinzou's Malaysia Life
Senyum(セニョーム) えがおのフォトコンテスト2015 入賞
マレーシアに住み、日本人ご用達のお店を利用している方であれば「Senyum(セニョ〜ム)」というフリーペーパーを目にしたことがある方はとても多いと思う。

セニョームは日本人がマレーシアで生活するにあたって役立つ情報や、タウンガイドなどが数多く掲載されているライフスタイルマガジンだが、そこで「Senyum えがおのフォトコンテスト」に応募したところ測らずとも入賞してしまったのでご紹介させて頂きたい。

実際のセニョーム2015年9月号。
えがおのフォトコンテスト2015結果発表

もともとボクは小学校時代テニスの県大会でこのまま勝つと県外大会に進出する権利を得てしまうのが面倒だと思い、わざと力を抜いて準決勝で負けたことがあるくらいに競争ごとに興味のない人間なので、写真でも何かのコンテストに応募したりすることも過去に一回しかなかった。

しかしながら、ハイビスカスカフェで食事していたときに「Senyum えがおのフォトコンテスト」の広告を見かけた妻が「撮ってばかりで勿体ないから応募してみなよ。」と勧められ入賞景品を見たところ、クルマの整備でいつもお世話になっているTiger Shojiの整備券や高級レストランの食事券などに目がくらみ応募させて頂いたものである。

Senyumとは笑顔を意味する言葉であるが、応募要項である「笑顔」という条件で思い浮かんだ作品を数枚程度インターネット経由で応募させて頂いたものである。その後しばらく音沙汰がなかったので、カスリもせず順当に落選したと勝手に判断していたのだ。

しかしながら、ある日突然セニョームからメールがあり「入選されましたので コタキナコ特別賞 テングザルのラッキーラキ君を発送いたします」の連絡があったのだ。

「おおっ!」と思ったのもつかの間、「ちょっと待て。コタキナコ特別賞 ラッキーラキ君・・・だと?そのような賞はなかったような・・・。てかラッキーラキ君って何?」と不安のほうが大きくなってしまった。

そして9月初旬現在、セニョームが各所で一斉配布となったのだが、どうやら右上に写っているぬいぐるみがラッキーラキ君であり、今のところそのサイズは不明。「とんでもなくデカかったらどうしよう・・・。」などと一抹の不安を抱えているところなんだ。しかしながらコタキナコ特別賞はサバ州政府観光局様の特別賞で、ボクなどが撮った写真にコメントまで頂いてしまった。普段、何らかの賞とは全く無縁のボクにとっては身に余る栄誉である。

ついては2015年9月初旬現在もまだまだ9月号が配布中である。ボクの写真はとりあえず置いといて、セニョームには有益な最新情報が沢山載っているので気になる方は手に取って読んで頂ければと思うんだ。セニョームHPによるとココでセニョームが配布されており、例えばサウジャナ近辺でボクが知っているところでは日本人学校、スバンジャヤのひょうたん、トモエ、ヤマダなどなどだ。
次へ
Home