shinzou's Malaysia Life
黄色のシャツと赤色のシャツ
例年のことであるが2015年の8月末現在も、あらゆる建物や道行くクルマなどでマレーシアの国旗が数多くはためいているのを目にする事が出来る。国旗が数多くはためくのには理由があって、8月31日はマレーシアの独立記念日であり、それを記念して国旗の掲揚を数多く見る事が出来るのだ。

そしてこの独立記念日の時期、気を付けたほうが良いのが「黄色シャツ」もしくは「赤色シャツ」の着用である。マレーシアに来たばかりの外国人にとっては「一体なんのこっちゃ?」と思われるかもしれないが、この意味を知らないのは我々外国人だけであり、マレーシア国民ならば誰しもがその意味を知るところである。ここshinzou's Malaysiaはマレーシアの政治的な事案について取り上げるつもりは一切ないし、関知もしないのだが、「黄色シャツ」もしくは「赤色シャツ」について何にも知らないでマレーシアで生活しているのも問題だと思ったので今回取り上げるものである。

取り上げると言ってもここでは政治的な意味合いについて言及するつもりは一切ないので、詳細を知りたい方は「マレーシア 独立記念日 黄シャツ 赤シャツ」などでグーグル検索すればすぐに情報を入手することができるだろう。また、Youtubeで「Bersih 2.0, Bersih 3.0, (そして今年はBersih 4.0)」などと検索すれば、催涙弾・放水など、外国人にとってもかなり危険な状態になる事がお分かりいただけると思う。

間違ってもこのことを知らずに、「黄色いシャツを着て赤いところに行ってしまったり」、「赤いシャツを着て黄色いところに行ってしまったり」、「興味本位で撮影したりしない」のが、不測の事態に巻き込まれる可能性を下げてくれる。特に、2015年は政治的に大きな問題が取り上げられて大問題になっているため、例年に増して大きなデモになるかもしれない。

この時期一番良いのは、自宅のコンドミニアムに閉じこもってプールで泳ぐなどしていることだろう。それにしても、自宅の寝室にはこのことを忘れて買ったユニクロの赤色のシャツと黄色のシャツがあるのだが・・・うーん。どうしよう・・・。

在 マレーシア日本国大使館情報

次へ
Home