shinzou's Malaysia Life
マラッカ - Nadeje -
最近、一人○○というのがボク中で流行っているのだが、今回は一人でマラッカに行ってきたので3回に分けて「Nadeje」「St. Peter's教会」そして「Kampong Morten」をご紹介させていただきたい。

マラッカといえばヨーロッパとアジアを結ぶ貿易の拠点として繁栄し、ババニョニャに代表されるように様々な文化が入り混じった特殊な街である。それと同時に、2008年には世界遺産に登録されるほどの美しい街並みをも持ち合わせている街なのだ。KLからクルマで2時間程度で到着できるので、マレーシア旅行にお越しの際にはマラッカは外せない街だと言っても過言ではない。かくいうボクも公私ともに何度もマラッカを訪れており、その回数はもう数え切れないほどだ。

しかし、そもそも今回ボクが「またマラッカに行こう。」と思ったきっかけだが、マラッカで「St. Peter's教会」に足を踏み入れる機会に恵まれ、たとえそのときカメラを持っていなかったとしてもそれが写真になるかどうかを常に見ており、「この教会は絵になる」と確信したからである。普段から被写体に飢えているボクとしては、できる限り早く計画を実行に移すべく、その2日後にはカメラを携えて教会に足を運んだのだった。

St. Peter's教会は次稿に譲るが、今回はSt. Peter's教会のすぐ近くにあるミルクレープで超有名な「Nadeje」をご紹介させていただきたい。実はこのNadeje、マラッカを訪れるたびに何回も足を運んでいて、いつかはshinzou's Malaysiaにてご紹介させて頂かなくてはと思っていたものの、どうもその機会を逸していて、ずいぶん経って今回やっと取り上げる事が出来る運びとなった。ちなみに、ボクが最初にNadejeを知ったのはマラッカに住む同僚(チャイニーズの方)から教えてもらったものであり、ローカルの方々からも愛されているミルクレープ屋なのだ。

ボクが利用するNadejeはマラッカのJaya99というビルの地上階にある。St. Peter's教会を見学した後はぜひ立ち寄ってみよう。ボクがなぜこのケーキ屋さんを皆様にご紹介するのかというと、マレーシアのケーキはむやみやたらに甘いだけというものが多い中、ここは日本人女性オーナーが経営しているケーキ屋さんなので、完全に日本人好みのミルクレープをマレーシアにいながら楽しめるからだ。



ボクの中ではNadejeはMelaka店が本場だと思っているのだが、PJにもあるそうなのでKL近郊にお住まいの方はPJのNadejeにも足を運んでみるのもいいかもしれない。Nadejeホームページはこちら。http://www.nadeje.com.my/MainPage.aspx

メニューは豊富にあるが、どれを頼んでも間違いなく日本人に合ったミルクレープなので安心して頼んでよい。もちろん、持ち帰りも可能なのでMalakaにお越しの際はいつもお世話になっているご近所様にお持ち帰りしてもよいだろう。

今回は一人なので、一人分のミルクレープとコーヒーを注文していただく。

これでこの週、2回目のNadejeだったりする・・・。

様々な種類のミルクレープから選べる。

長らく日本のミルクレープを食べていない日本人にとっては、懐かしいと思える味に出会えることだろう。


マレーシア短期観光者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※短期の旅行で、ましてツアーなどでNadejeに行くことは時間的余裕がなくて難しいと思うが、もし行く機会と時間ががあったら訪れてみてもよいと思う。

マレーシア駐在員・長期滞在者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※ボクがマラッカに行った際にほぼ必ず立ち寄るのがこのNadeje。実際、もう何回も行った。長期滞在者であれば一度は訪れておいたほうが良いだろう。マラッカまで行くのが大変だと思う方は、PJにもあるそうなので立ち寄ってみてはいかがだろうか。

次へ
Home