shinzou's Malaysia Life

Jump Street Asia KL- ジャンプ・ストリート -
2015年の正月休みは旅行の計画などを入れた訳ではなく、とにかく暇だったので新規開拓として「Jumpstreet Asia Kuala Lumpur」こと「ジャンプ・ストリート」に行ってきた。広告も入っているし、既に行ったという方・興味があるけどまだ行った事がないという方も多いのではないだろうか。

Jumpstreetのホームページはコチラ

場所はモント・キアラやサウジャナから近く、カーナビを頼りにスプリントハイウェイを曲がって奥に入っていくと比較的簡単に見つける事が出来るだろう。渋滞していなければサウジャナから20分程度で到着できる。工業団地みたいなところに入っていくので、「こんな所にあんの?」と思われるかもしれないが、元々倉庫らしき所を改装してトランポリンを搬入して作られたのが「ジャンプ・ストリート」なのだ。参考までに、「Bosch」が見えたら既に到着している。

その名のとおり、とにかくジャンプしまくれる場所で、大人も子供も楽しめる。

むしろ、大人の方が多いかもしれない。

料金は大人も子供も関係なく「RM25/1時間」。マレーシアの物価に慣れてしまうと、子供3人でRM75/1時間だと?と、割高な感じがするが、平日だと少し安いようだ。
また、専用の靴下を初回限り購入しなければならないが、「RM4.5/足」となっている。見た感じ、この専用靴下がないと厳しいものがありそうだった。

詳細な料金プランについては左の画像をクリックすると表示されるので、興味のある方は参照されたい。

ジャンプ・ストリートのHPを見ると予約とかクレジットカードで支払いとか出てくるが、そう言った面倒な手続きは特に不要。何もせず、とにかく行けばよい。

1時間刻みのチケットとなっている。例えば、1時15分に来たら、「15分損して1時から2時のチケットを買う」か、「45分待って2時から3時のチケットを買う」か選択する形になる。

トランポリンが張り巡らされており、とにかくジャンプしまくる。シンプルなだけに、子供は楽しいかもしれない。

憧れの、ダンクシュートコーナーもある。

これはスポンジの中にダイブするタイプのトランポリン。

ストレス発散には良いだろう。

まさしく工場倉庫の跡地を改装して作った感じがする。

密室でエアコンがガンガン効いているような環境ではないので長そでは不要。

子供がジャンプしまくっている間、親は茶でもしていられる。

上段から眺めた全体図。

結構広い。

ダイブする次女。

気分(だけ)は高々と飛んでいる三女。大人禁止のキッズエリアもあるし、エリアごとに警備員がついて監督しているので、怪我の心配もないだろう。

ふと冷静になって全体を俯瞰してみると、大勢の大人・子供がジャンプしまくっている光景は、ともすると可笑しい感じがするが、シンプルなだけに魅力があるみたいで、ハマって通っている方もいるようだ。

子供のストレス解消にはうってつけだろう。


マレーシア短期観光者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※短期のマレーシア観光でここに来なければならない理由は見当たらない。

マレーシア駐在員・長期滞在者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※お子様連れの方であれば暇つぶしに一度は行ってみても良いかもしれない。運動神経の良い子だったらバク宙もできるし、ハマる子はハマると思う。
次へ
Home