shinzou's Malaysia Life

KLチャイナタウン 「ピーター・ホー -Peter Hoe- 」
雑貨好きの方であれば、先にご紹介させて頂いたチャイナタウン「関帝廟(かんていびょう)」の目の前にある雑貨屋「ピーター・ホー・ビヨンド」を訪れるのも良いだろう。

ところで、ボクは人でごった返すような歩きにくい場所は好きではない
特に、チャイナタウンは人でごった返している割には、出ている店は全て偽造品ばかりなので、ここで欲しいと思うようなものは何もなく、ボクが自分からチャイナタウンに足を踏み入れようと思う事は殆どない。
そしてまた、そのような落ち着かない場所で食事をしようとも思わない

短期の旅行であれば、そのような場所をブラついて偽造品を買ってみたり、そこの屋台で食事をするのも良いかもしれないが、4年もマレーシアで生活していると、敢えてチャイナタウンで買い物をしたり、ごった返したようなところで食事をしようとは全く思わなくなるものだ。

そしてまた、ボクは雑貨類にも全く興味がない。

チャイナタウンが嫌いで、雑貨類にも全く興味が無いにも拘らず、なぜチャイナタウン内にある雑貨屋「ピーター・ホー」をご紹介させて頂くのかというと、ボクの期待をずっと上回る食事を楽しめる店だったからに他ならない。

調べてみると、「ピーター・ホー・レボリューション」と「ピーター・ホー・ビヨンド」の二種類が近距離にあるそうだが、今回訪れたのは「関帝廟」の目の前にある「ピーター・ホー・ビヨンド」。チャイナタウンの「関帝廟」はすぐに見つかるが、「ピーター・ホー」はかなり分かりにくい。何の案内も看板もないので、「え?何?このビルの中?」と思われるかもしれないが、とにかく「関帝廟」の道向かい目の前のビル「Lee Rubberビルの2ndフロア」にそれはある。
しかも2015年現在、グーグルマップではピーターホー・ビヨンドの場所が違うビルで表示されているのがなおさら問題を難しくさせているので、ストリートビューで入手した画像を載せておく。


中に入ってみると、思わぬ広さにちょっとびっくりしてしまった。チャイナタウンの雑踏・喧騒の中にあるとは思えないほど静かな店内は好感が持てる。

雑貨には興味がないが、「セントラルマーケット」の雑貨類の100倍くらいはセンスが良いと感じた。

日本には無いセンスの雑貨類がズラリと並ぶので、雑貨好きであれば訪れておきたい。

店内の様子。

しかし、ボクが驚いたのはその食事だった。

チャイナタウンの屋台で食事をしようとは全く思わないが、ここなら落ち着いて、ゆっくりと食事が楽しめる。

この時ボクは空腹ではなかったし期待もしていなかったので、「まあ、ケーキとコーヒーだけでいいや。」と、本格的に何か食べるつもりはなかったのだが、出てきたパスタをつまみ食いしたらボクの期待をはるかに上回る味の良さに、「え?何これ?メッチャ旨いじゃんか!?」とか言いながら、つい本格的に食事に参加してしまった。

エビとかプリプリ。ソースも上手い。サラダも新鮮で、かなり味の良いドレッシングとともに楽しめる。

こんな所で、こんなに旨いパスタ出会えるとは思っておらず、新鮮な驚きだった。

コーヒーもしっかり煎れたもの。

いつも妻が雑貨を見ている間、ボクは近くのベンチでケータイをつつくこと位しかやる事がなかったが、ここならば美味しいケーキとコーヒーを頂きながら、妻の買い物を待つ事が出来る。
参考までにパスタ・ケーキ・レモンティ各2ヶ、コーヒー1杯でRM110。

ここはリピートありだと、素直に思った。


マレーシア短期観光者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※KL観光にお越しの際は、他の寺院と合わせて「関帝廟」も組み合わせておいて損はないだろう。

マレーシア駐在員・長期滞在者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
雑貨好きの方であれば星10だろう。食事だけの目的でも十分いける。こんな所でこんなにうまい食事が提供されるとは、ボクにとっては新鮮な驚きだった。
次へ
Home