shinzou's Malaysia Life

サウジャナ近郊のスーパーマーケット
それぞれの地区にはそれぞれの良さがあるが、ボクが現在居住しているサウジャナ地区が持つ絶対的な利点は「日本人学校が目の前」と言う事だ。ボクが入居している「アマヤ・サウジャナ」と日本人学校の近さたるや、でっかいハンマーで塀に穴を開けたらそのまま学校内に入れてしまう「究極の近さ」を持つ。
つまり高額なバス代を支払う必要もないし、そのバスに乗せるため早朝の薄暗いうちにバス停まで子供を送る必要もない。通学に使っていた時間は、宿題・習い事・遊びなどに回せるようになったのも利点だ。子供の体調がすぐれない緊急時などは、連絡さえあれば数分で駆けつけられる。海外で生活するうえで、すぐ手が届くところに子供がいるというのは、親子ともに替えがたい安心感がある。お子様を日本人学校に通わせるのであればサウジャナはお勧めの地区だ。

しかし、一昔前のサウジャナエリアは他の地区と比して「何もないところ」として有名だった。確かにモント・キアラから引っ越しした当初、買い物が不便だと思ったのは紛れもない事実。しかし近年のモント・キアラはコンドミニアムの開発が過熱しすぎている割には相変わらず出入り口がないため、最近の渋滞ぶりは目に余る。渋滞の列に並ぶくらいならば、すいすいとクルマで出入りできるサウジャナのほうが逆に早くて便利(平日の夕刻時を除く)という考え方もできるようになってきた。しかも、何もないはずのサウジャナだったが、あっという間に店が建ったりして結構便利になってきているのだ(2014年現在)。

何はともあれ、サウジャナで生活するうえでは、行きつけのスーパーマーケットを見つけなければならないだろう。しかし、これはサウジャナに限らずマレーシア全体に言えることだが、マレーシアの国教はイスラム教と言う事もあって豚肉・酒類(これらをノン・ハラルと言う)の入手性が極めて悪い。日本のように、近所の農協に行くだけで新鮮野菜・鮮魚・牛肉・豚肉・ベーコン・しょうゆ・キュピーマヨなどを簡単に揃えられる国ではないのだ。何かを揃えたかったら、数か所のスーパーをハシゴする必要があるのがとても面倒。この不便さは如何ともし難いが、ボクがマレーシアに来て以来、座右の銘としている「Better than Nothing」、つまり「無いよりはマシ」の精神を以てこれを乗り切るしかないだろう。なければ何もできないが、そこに行きさえすれば何かある。海外生活を送る上では、それがあるという事にまず感謝する気持ちが大切だ。

前置きが非常に長くなってしまったが、サウジャナ地区への入居をお考えの方に少しでも参考になればと、スーパーマーケットの拠点をいくつか紹介したい。

<豚肉・ノンハラル>

豚肉類が手に入る最寄りのスーパーはサウジャナからクルマで5分、2014年にオープンしたばかりのTESCOだ。

TESCOはどこのTESCOに入っても配置は同じ。あなたが知っているTESCOがサウジャナ近郊にもオープンしている。ここには「ノンハラル」コーナーがあり、豚肉の質も悪くない。難点は相変わらずTESCOの野菜・魚類は鮮度が悪く、購入意欲がわかないこと、多分に漏れずデカいので駐車場や店内を歩くのが面倒ということか。

<野菜類>

サウジャナからクルマで4分。当初は馬鹿にしていたCITTAのスーパーマーケットの野菜類の鮮度が目に見えて良くなった。よって最近は野菜類をここで購入することが多い(2014年現在)。


<日本の調味料・スナック類・納豆・焼酎>
これはサウジャナ・ヴィラの「キアラ・マート」一択。完全に日本人がターゲットなので、日本の調味料・スナック類・カップ麺等を入手するに当たり、ここの右に出る店はない。値段も他と比して安い。経験上、焼酎が最も安価で手に入る。

<パン>
少し遠いが、スバン・ジャヤの「シェイクスピア」。また、ボクは行ったことがないが下記の詳述する何とかジャヤのジャヤグロッサーの隣にある「ボンジュールガーデン」支店。面倒なときはサウジャナ・ヴィラのパン屋など。

<日本人向け総合>
2014年現在、毎週月曜日の夜にサウジャナ・ヴィラにて移動販売(ショップカー)を利用する。これはモント・キアラ時代からお世話になっており、店主のターゲットは完全に日本人。日本人向けの野菜類・肉類が販売されている。難点はその時間帯(夜7時頃〜9時位?)で、月曜日の夕飯時ってのが痛いところだ。モント・キアラを回った後にサウジャナに来るので仕方がない。また、店主の言い値っぽくて割高な感じがするが、品質は良い

<ビール・米>
安いビールと口に合う米をサウジャナ近郊で見つける事が未だ出来ていない。よってモント・キアラ時代から変わらず「デサスリ」まで足をのばしてまとめ買い。ビールと米さえ見つけられれば、子供の風邪以外でモント・キアラに足を運ぶ用事はなくなる。

<一度で全部そろえたい>

ハシゴをするのが面倒な場合、少し足をのばしてスバン・ジャヤの「エンパイア」が良いだろう。クルマで10~15分程度か。ここに行けば肉・魚・野菜・卵・乳製品など一通りそろう。しかも購入した肉類をその場で調理してくれるコーナーまである。日本のスナック・軽食類を揃える「正直屋」もあるのでスナック類や納豆も手に入る。外食先としても、ローカルレストランからディンタイフォンもあるので、使用頻度が高いショッピングモールだ。



妻のお勧めはなんとかJAYAの「ジャヤ グロッサー」

こじんまりとしているが、道中は渋滞が皆無で、マレーシアにありがちなデカイ駐車場に止める必要もなく、豚肉・牛肉・魚介類・野菜類・牛乳などが揃う。
そしてボンジュールガーデンのパンやケーキなども一度で手に入るから「楽」なんだそうだ。ただし納豆などの日本物は無いとの事。
地図をクリックするとグーグルマップが開くので、一度訪れてみるのも良いかもしれない。

<ファストフード>
最寄りのマクドナルドはサウジャナ目の前先述のCITTAモール。最寄りのKFCは先述のTESCOだ。

こうして挙げていくと、何も無いとされていたサウジャナもかなり充実していることが分かる。加えてサウジャナは騒音の少ない閑静な高級住宅街。これからマレーシアにお越しの方や、引っ越しを考えている方に、少しでもご参考になれば幸いだ。ちなみに、サウジャナはクルマを運転できなければ超不便だってことは付け加えさせていただこう。ここに住むなら、自分で運転できる事が前提だ。

次へ
Home