shinzou's Malaysia Life

Formula 1 Petronas Malaysia GP 2014
ついにこの日がやってきた・・・。

待ちに待ったモータースポーツ最高峰「Formula 1 Malaysian Grand Prix」が2014年3月28, 29, 30日の日程でクアラルンプール国際空港近くの「Sepang サーキット」で開催された。

「F1? 興味ないッス。」などと言うなかれ。一口に「F1」と言われても、実際に観戦した事が無ければその凄さは分からないし、伝える事も出来ない。
かく云うボクも子供時代のF1の思い出と言えば、ひたすら周回しているF1レースをテレビ放送で見ていて、何が面白いのか全く分からなかった程度でしかない。しかし、こればっかりは百聞は一見にしかず。現地で行われている世界最高峰のレースは、半端ではないのだ。

F1の凄さを理解するためには実際に行って観戦するしかないのだが、世界各地で開催されるF1のチケットは高額で、一見(いちげん)だけしてみようというものでもない。
例えば、日本の鈴鹿サーキットで開催される日本グランプリは、高額なチケット料金に加え、移動やホテル等々を手配すると一人当たり数万円〜数十万円はかかる計算になる。ホテルからサーキットへの移動も一大事だ。シンガポール・グランプリも然り。世界中のセレブリティが集結するモナコ・グランプリなどは、庶民には手が届かぬ超・プラチナチケットだろう。

しかし、幸いなことにマレーシアで開催されるマレーシア・グランプリは、その他の国で開催されるグランプリと比して「手ごろな価格設定」となっており非常に「身近」なのだ。
2013年のマレーシア・グランプリは、芝生席でたったのRM125(約3,700円)だった。サーキットもクルマで50分程度の所に位置しているので、ガソリン代と高速代と駐車場がプラスアルファされるだけ。2日間の観戦総額は5,000円程度で済んだ。
極論を言えば「そうだ。今日は暇だからF1観戦に行こう。」と思い立てば、その日に観に行けちゃう身近さ。世界最高峰のF1をここまで手軽に観戦できるのだから、それを使わない手はない。
チャンスが目の前にあるのだから、そこに行かないという選択肢はボクには無いのだ。ボクは、マレーシアに居られる間は出来るだけ沢山の物事を見たいし、経験したい。

と言う訳で、行ってきました「2014マレーシア・グランプリ」。マシン・レギュレーションが変わって去年と比べて、かなりおとなしいサウンドになっていたが、やっぱりF1は鳥肌が立った。

2014年は、去年の芝生席(RM125)より奮発して、シケインの目の前のグランド・スタンド(K1エリア)をセパン・サーキットのホームページから購入した。RM660(約2万円)のチケットだったが、これが大正解。メインブースに近いのでイベントにも参加できるし、キャンペンガールも撮り放題。メインスタンドに行きたくても遠すぎて行けなかった去年よりも、ずっと楽しめた。

もしマレーシアに在住しているのであれば、マレーシア・グランプリはF1観戦のビックチャンス。
興味が有ろうと無かろうと、一度は訪れて欲しい。なお、マレーシア・グランプリの様子が分かる写真をshinzou’s Photoにアップしているので、興味のある方はご参照いただければ幸いである。


Formula 1 Petronas Malaysia GPのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※文句なしに星10個。2015年マレーシア・GPも絶対に行く。
次へ
Home