shinzou's Malaysia Life

Tioman Island - Juara Beach -
先稿で何度も申し上げているように、マレーシアの東海岸側では11〜3月にかけてモンスーンという季節風が吹くため、波が高くなって東海岸側のリゾートホテルはクローズしてしまうのが普通である。
ボク達が今回ティオマンを訪れたのはモンスーン直前の10月中旬だったため、予想通り波が高い状態であった。

※これはベルジャヤの海岸。

我が家はもともと海派ではなく、現在居住しているコンドミニアムに巨大なプールが備え付けられているのでわざわざ海に行く必要がなく、子供達は海に慣れていない。
海に慣れていない中で子供たちを海で泳がせるのは何が起こるか予想できないので、村民の紹介で波が無いという島の反対側の海岸に連れて行ってもらうことにした。
それが通常の方がほとんど足を踏み入れたことがないであろう「Juara Beach」である。

A地点がベルジャヤ
B地点がジュアラ

ベルジャヤからジュアラに行くためには、Google Mapにも載っていない様な急勾配の悪路を使って山越えをする必要がある。車も超ボロくて、かなりスリリングだ。

これがベルジャヤ反対の海岸、「Juara Beach」

本当に波がない!

1枚目のベルジャヤ海岸の海と比べれば、その差は歴然としている。

これぞボクがイメージしている南国ビーチそのものである。

ゆるやかな波で、水深も浅く、子供達も安心して楽しめる。

素晴らしい海だ。

ベルジャヤにきて波が高いと思ったら、ジュアラ側に来るのは絶対お勧めだ。

定番の砂遊び。

いい加減腹が減ったので、目の前の海の家っぽいレストランで食事。

レストランからの眺め。

最高の景色だ。

このレストランがまた美味しくてびっくりしてしまった。

しぼりたての生オレンジジュースを頂く長女。

ベルジャヤ側の海は入ることがなかったが、ジュアラ側でかなり楽しめたので海に入るという目的が達成できて大満足だ。


※Berjaya Resortのロビー横にあるアクティブ予約コーナーに言えば連れて行ってくれるだろう。

Tioman Island 「Juara Beach」のお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※波がなくて、海の質はベルジャヤのビーチを完全に上回っていた。あえて星を一つ減らしているのは、ベルジャヤ側からは遠く、アクセスが悪いからだ。ベストシーズンにJuara側に来る必要はないと思うが、天候によりベルジャヤ側の波が高いと思ったら、Juara側の海岸を利用するといいことがあるだろう。
次へ
 Home