shinzou's Malaysia Life

ブルーモスク - Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah -
昨日の「ピンクモスク」に引き続き、本日は「ブルーモスク」に足を運ぶ事にした。「ブルーモスク」はSHAH ALAMという場所にあるのだが、実は自宅からすごい近くにあるモスクである。クルマを走らせる事15分、マレーシアで最大、世界で4番目のサイズを誇るという巨大モスクが眼前に迫って来た。

「ブルーモスク」の正式名称は「Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah」。覚えられないほどに長い名前である。他のモスクと同様に、非ムスリム(イスラム教徒ではない)人には入場時間に制限があるので、観光の際には注意されたい。

==============================
ブルーモスク入場時間

土曜日-木曜日
09:00 - 12:00
14:00 - 16:00
17:00 - 18:30(土・日・祝日のみOK)

金曜日
終日不可。
==============================

駐車場にクルマを停めてビジターの入口(正面玄関)に向かうと、丁度3人程度の日本人に対してガイドが始まろうとしており、それに便乗して回らせて頂く事が出来た。
ガイドは無料。

神聖な場所に付き、非ムスリムの人間が勝手に入って勝手に回る事ができなさそうな雰囲気なので、堂々と回るためにもガイドが付いていた方が良いだろう。

撮影禁止の札が立っているが、ガイドが付いていれば撮影は可能となる。

ミナレットと呼ばれる塔は、通常のモスクは一本だけだが、ブルーモスクには4本あるのが特徴の一つ。

ミナレットは元々、時計が無かった時代にお祈りの時間を知らせるための塔であるが、現在は時計があるので使っていないそうだ。

ブルーモスクの堂内。

デカッ!

昨日のピンクモスクの数倍はデカくて、超・広角レンズ14-24mmでもかなりきついものがある。

ガイドいわくマックスで24,000人も収容可能だという。

ガイドは非常に丁寧で、分かりやすい英語で約1時間も説明してくれた。

ただ、あまりにも巨大に作りすぎたためか、噴水やプールなどの整備が追い付かずに止まっていしまっていたのが残念だった。

撮影データ、高画質バージョンはshinzou's photo houseにて公開しているので興味のある方は参照されたい。

マレーシア短期観光者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※立地的にKL中心部からはちょっと遠くて、他に見るものがあまりないので短期のツアーで無理して回る必要がないだろう。個人的にはピンクかブルーか選ぶのだとしたら、ピンクモスクの方が観光には良いかと思う。

マレーシア駐在員・長期滞在者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※ピンクモスクの方が小さい分だけ装飾が綿密で、可愛らしさも手伝って、観光としてはピンクモスクの方が良いだろう。ただ、非常に丁寧なガイドをしてくれるので、イスラム教をより深く理解できるだろう。

関連記事
アイロンモスク 2回目
ピンクモスク
ブルーモスク
アイロンモスク
次へ
 Home