shinzou's Malaysia Life

サウジャナに一カ月住んでみて - 感想 -
時間が経つのは本当に早いもので、サウジャナに引っ越してからあっという間に一カ月が経過してしまった。
一カ月も経つと、今まで知らなかったことや見えてなかったことが色々と分かってくる。

とりあえずサウジャナへの引っ越しを考えている方のご参考として、良かったことと悪かったことを以下にまとめてみたい。

なお、これらはあくまで個人的な感想なので実際とは異なるかもしれないので注意されたい。


<良かったこと>
- 誇張表現なしでモント・キアラよりも空気がきれい。たかが空気、されど空気。その効果たるや絶大で、マレーシアに引っ越してからというもの、喉が常にイガイガで赤くなって、朝起きるとタンが喉に絡んでいて困っていたのが「ピタリ」と止まったのだ。これは本当の話だ。喘息持ちの方はサウジャナに引っ越すと少しは改善するかもしれない。

- 騒音が殆どない。休日は窓全開にしても、気になる騒音はほとんどない。本稿を書いている今も、カエルの「ゲコゲコゲコ」という声しか聞こえてこない。

- 通勤にかかる時間・費用が半分以下に短縮された。毎日のことなので、通勤のストレスから開放されたのは個人的には大変大きい。しかし唯一、スバンのインター付近は常に渋滞しているがこればっかりは仕方が無い。

- 娘の通学が楽になった。小学生になった長女を毎朝送るのがボクの役目になっているのだが、毎朝7時30分に家の玄関を閉めて、校門をくぐって、娘とバイバイするのが7時35分。通学にかかる所要時間はたったの5分だ。しかもその5分の内訳は、コンドミニアムのエレベータだったり、クルマに乗りこんでいる時間がほとんど。モント・キアラ時代のバス停まで歩いて行く所要時間よりも短いのだ。

- 物価が安い。モント・キアラよりも物価が安いので、想像以上に出費が抑えられる。

- 意外にもレストランや店に苦労していない。目の前のサウジャナヴィラに日本食材が置いてあるミニマートや、レストラン、サロンなどがあるし、クルマに乗ってスバンまで行けば一通り欲しいものは揃えられる。この辺りは流石に2年もマレーシアに住んでいるので、マレーシア慣れしていることも大きいかもしれない。


<悪かったこと>
- とは言っても、やっぱりワンモント・キアラやデサスリに比べると圧倒的に品数が少なくて、久しぶりにワンモント・キアラに行くと、やっぱりワンモントは良いね。と素直に思う

- 率直に言って治安に不安がある。感覚的な話になってしまうが、モント・キアラよりも治安が悪い感じがする。なぜならば歩いている人が圧倒的に少ないうえに、高級住宅街なので、強盗に狙われやすそうな感じがするのだ。モントキアラにあるポリスステーションも、サウジャナにはない。実際、学校の目の前でクルマの中で休憩していたところナタを持った男に脅されてクルマを強奪された事件が発生しているというし、CITTAモール付近で早朝のまだ暗い時間帯に邦人女性が強盗に襲われて大けがを負ったという事件も発生しているという。よって、昼夜に関わらず、外は女子供だけで歩かせるのは非常に不安であり、モント・キアラ時代よりも注意するように妻に言い聞かせている。モント・キアラも誘拐事件が発生したが、サウジャナも細心の注意が必要だ。

以下は日本大使館による邦人被害状況をまとめたものなので、ぜひ目を通していただきたい。
http://www.my.emb-japan.go.jp/Japanese/ryoji/hanzai_trouble_info.htm



色々とダラダラと書いてしまったが、今のところ怖い目にあった訳でも何でもないので、総じてサウジャナに引っ越して正解だったと言えるだろう。半年後か一年後か分からないが、またサウジャナの利点や欠点に気がついたときにまたアップしたいと思う。
次へ
 Home