shinzou's Malaysia Life

ARA DAMANSARA - アラ ダマンサラ -

日本に住んでいれば、外食無しで何とか自炊で乗り切れるかもしれないが、外国に住んでいて365日朝昼晩全て自炊で乗り切るのはハッキリ言って不可能である。日本食材は日本の販売価格の2〜3倍なのでコストパフォーマンスが悪く、なにより日本食材の調達は日本に比べて圧倒的に不便する。近所の農協に行ったら具材が全て揃うみたいなことはないのだ。具体的にいえば、今日は鍋にしたいと思っても、その具材をそろえるためには相当な労力を払う必要があるのだ。例えば、「エノキ」とか「こんにゃく」なんて、限られたストアにしか置いていない。長ネギだって日本のそれと同じものを見つけるのは大変なのだ。それを探しにクルマに乗ろうものならば、到るところで渋滞が待ち受けている。

そんな状況下で365日自炊しなければならないとすると、妻は殆ど毎日四六時中献立のことを考えなくてはならないし、食材集めも苦痛である。なので、海外に住んでいればレストランや屋台の存在は大変重要になってくる。そしてモント・キアラとは違って、サウジャナに引っ越してからは意識的にレストランの新規開拓しないといけない。レストランの選択肢が広がれば広がっただけ、そこに住みやすくなってくるというものだ。

ちなみに、ボクは休日の朝食には「ロティ・チャナイ」を食べるのが大変好きである。近所にロティ・チャナイを食べれる店が無いとしたら、それはちょっとした苦痛となろう。月に1・2回はロティ・チャナイを楽しんでいるので、必然的にサウジャナエリアでロティ・チャナイの店を探すことになった。今回は我が家からクルマですぐ近くの「ARA DAMANSARA」というところに、ロティ・チャナイの店を探してきたのでご紹介したい。

「ARA DAMANSARA」はSime Darby管轄の出来たばかりの総合施設であり、空きテナントがまだまだ目立つ。

中心部には美しい噴水や出来たばかりのレストランが立ち並び始めているエリアとなっている。

全体的にきれいで、ゴミなども落ちていないので好感が持てる。


噴水前にて。


噴水周りのテナントでは、中華・ハンバーグ・コーヒー喫茶・楽膳などが確認できる。

日本食の楽膳は助かるなぁ。

ここが今回見つけた、ロティ・チャナイの店。

まだ新しいので油で汚れているようなことはない。

調理場の前にて。


お決まりのテータレ。

子供達も大好きで、一人一杯を丸飲みしてしまう。


ロティ・チャナイ。何と、RM1/皿!!今のレートで32円/皿である。

家族全員分の朝ごはんとして、ロティ・チャナイ7枚と、テータレ4杯飲んで、たったのRM13.9だった。つまり400円台で一家全員がお腹一杯になれる。
めちゃ安。 

モントキアラで流石にこの値段で収まったことはないので、やっぱりこのあたりのエリアはモントキアラと比べると圧倒的に物価が安い。

JSKLからARA DAMANSARAへの道順は非常に単純。

JSKLからラウンドアバウトを右折して、信号を直進すれば左側にある。

クルマで4〜5分程度か。

ちなみにこの付近にはSime Darbyの事務所がたくさん移転してくる予定だそうな。TESCOも近くに建築中であり、しかもボクが入居する「Amayaコンドミニアム」の真正面に、ショッピングモール(しかもPavilion系列らしい)の建築がはじまった。将来的にはこのショッピングモールとAmayaは連結されるという噂もある。これらがすべてオープンした際には、日本人学校の目の前ということもあって一大日本人居住区として発展するかもしれない。ただ、そのころにボクがまだマレーシアにいるかどうかは、全然分からない。

マレーシア短期観光者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※短期旅行者が来るようなところではない。

マレーシア駐在員・長期滞在者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
「ARA DAMANSARA」はサウジャナに住んでいる人にとっては利用価値が高い。まだまだ空き店舗が多く、遠くからわざわざ来るほどのところではない。

次へ
 Home