shinzou's Malaysia Life

Mont KiaraからSaujanaへの引っ越し - 2 -
もともと長野生まれ長野育ちで、渋滞皆無で、空気がきれいで、静かな環境にずっと身を置いてきたボクにとって、モントキアラは都会すぎたのかもしれない。2年もモントキアラに住んでいると、多少不便になったとしても、もっと静かな環境に身を置きたいと考えるようになったのは当然の成り行きだろう。
そこでボクが目をつけたのは、日本人学校がある地区「サウジャナ」である。サウジャナに引っ越すことによって様々な問題が解決するのだ。

<サウジャナの利点>
(1)サウジャナと会社は近い。通勤が圧倒的に楽になる。
(2)引っ越す先は日本人学校の超・隣。これ以上ないって位に隣。よって子供たちの通学も楽になる。副効果としてモント・キアラからの通学バス代が、1カ月あたりRM600(2人分)が浮く。これはデカい。
(3)通学準備のための親の早起きが不要になる。モント・キアラからの通学バスは、朝方のまだ暗い時間に出発するのだ。
(4)渋滞を回避できる。
(5)めっちゃ静か
(6)空気がきれい
(7)そして、これらは替え難い財産である。

もちろん、モントキアラと比べると見劣りする面はある。
<サウジャナの欠点>
(1)全てがその場で揃うモント・キアラと比べると、外食のレストラン、スーパーの買い出し、その他全てが圧倒的に少ない。モント・キアラと比べるとサウジャナはほとんど無いに等しい。クルマが無いと何も出来ないかもしれない。


何か行動を起こそうとした場合、利点と欠点を天秤にかけることが多いわけだが、今回のケースでは利点が欠点を圧倒的に上回る。よって現在のコンドミニアムの契約が切れるのに伴って、モント・キアラとは決別してサウジャナのコンドミニアム「Amaya」に引っ越しをすることに決めたのである。

そうと決まれば話は早い。

荷物をまとめる。

荷物の少なさには自信があったのだが、まとめてみると40箱以上!

ちなみにボクの荷物は最上段の奥〜5箱だけ。その他は、殆どが子供のおもちゃとか。

ローカルの引っ越し業者を手配して、あっという間に運び出し完了。

オーナーの持ち物である家具類やテレビはそのまま。

さよならパルマ!

一瞬でサウジャナ「Amaya」に到着だ!

荷物梱包に1日
荷物搬出に1日
荷物搬入に1日

つ、つかれたーーーー。


ってか「Amaya」デカっ!!
1800sqft(167平米・50坪)以上あって、坪換算では50坪になる。

ちなみに、今回の引っ越しのコンセプトは安く済ませる事!

ローカルの業者を使って、大型トラック+男手2人で、費用はたったのRM550だった。日本円に換算すると、今のレートで約17,000円。もちろん箱詰めは自分で行った。

日系の引っ越し業者は安心・確実と引き換えに値段も非常に高いので、我ながら激安だったと思う。

これが今回利用したローカル業者。

「AJ ONE ASIA SDN BHD」

たまに段ボールとか落としちゃったりしてたけど、あんちゃんたちは気が利いてたし、個人的には悪くなく、使って正解だった。だって、無事引っ越しできたのだから。

引っ越しを考えている方で、興味のある方は電話してみてはいかがだろうか。
次へ
 Home