shinzou's Malaysia Life

Melaka - Melaka Strait Mosque -
クアラルンプールに住んでいると、夕景の写真を撮影するのは非常に難しいのだが、Melakaは夕焼けを拝めることでも有名である。Melakaの夕景でGoogle検索をかけると、下記のようなモスクが夕景写真としてよく登場することがすぐに分かった。

これだけを見ると、なんだかすごい幻想的な場所であり、今すぐにでも撮影をしに行きたい気分になってくるではないか。

ここは「Melaka Strait Mosque」と呼ばれる、海の上に立つモスクだ。

そこで、Melakaの弊社営業に、このモスクに案内して欲しいとお願いしたところ、「なんであんな所に行きたいんだ?」と言われてしまった。いわく、「あれは政府の計画で造った、レプリカみたいなもの」なんだそうだ。
世界遺産に登録されているMelakaであるが、歴史的に何のつながりもないレプリカが各所に乱造されており、彼はその計画性のなさと、マネージメントの悪さを憂いている一人である。

なにはともあれ、「百聞は一見に如かず」ということで、実際に見に行ってきたのでご紹介したい。「Melaka Strait Mosque」は人工的に埋め立てて造られた島にあった。その島には建築途中の建物が無数にあったが、人が入っていたり、工事が進んでいる気配は全く感じられなかった。いわく、延々10年以上も工事が進んいないそうだ。

これが実際の写真である。
確かにこれが日没の夕景や、ブルーモーメントに染まる空と撮影をすることが出来れば、上記写真と同じような写真が撮れるだろう。

しかし、周囲を見渡せば工事途中でほぼ放置された建物がゴーストタウンのように広がる風景にガッカリ。
ここに来る前に彼が言っていた「なんでこんなところに行きたいんだ?あれはレプリカだ。」と言っていた理由が良く分かってしまった。

基礎の足が海水と波で腐食して、すでに削られつつある。

「もし、このモスクが200年、300年後も生き残る事が出来たら、その時は歴史的な建築物になっているかもしれない。でも、これを見る限り、それは難しそうだ。」という半分ジョークと、
日本には「One look is better than hundred hearing.(百聞は一見に如かず。)」という諺があって、実際に見てみる事が大切なんだと伝えつつ、案内してくれたお礼を言った。

このモスク単体で見ると、そんなに悪くはないと思うのだが、周囲のゴーストタウンのように放置されている造りかけの建物に興ざめしてしまう。

写真好きの方は、夕景撮影目的と割り切って訪れるとよいだろう。

マレーシア短期観光者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
周囲には他に見るものが無いので、他の観光地のコンボも難しい。夕景の撮影目的と割り切って行けるのであれば、星7個でも良いかもしれない。

マレーシア駐在員・長期滞在者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※マラッカの遺産は何度も見たという方で、写真撮影が好きな方であれば、ここに訪れて夕日写真を撮るのもよいと思う。


次へ
 Home