shinzou's Malaysia Life

KL Bird Park - KLバード・パーク -


今回はKL市内にある、KL Bird Park(クアラルンプール・バード・パーク)に家族で行って来た。きっかけとしては、とんでもない勘違いから、テレコンバーター「AF-S TELECONVERTER TC-20E II」を手に入れてしまったため、「AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF+テレコンバーター」の威力を試したくなったからである。このサンニッパとテレコンバーターの組み合わせは、鳥撮りのためにあるようなものなのだ。

Nikon D3
AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
AF-S TELECONVERTER TC-20E II
これにはカメラ好きのマレー人もドン引き。定価だけでいえば120万円コースの組み合わせで、プロドゥア・マイビーが一台買えてしまう。実際には全部中古なのでこのセットは40万円程度で収まっている。

とても鮮やかな赤い鳥。
名前は知らん。

とてつもなく大きな鳩。

いや、マジでかい。

写真ではその大きさを表すことが出来ないが、羽を広げるとたぶん42インチのテレビの巾くらいの大きさはある。

しまじろうに出てくる「トリッピー」にそっくり。

ほとんどすべての鳥は園内を自由に行き来していて、クジャクももちろん放し飼い。

最も写真映えするクジャクが沢山いるのは、写真好きに撮っては大変ありがたいし、面白い。

止まり木のクジャク。

とても立派。

なんかすごい突っ張っている感じの鳥。

 拡大図。
 

「なに見とんじゃわれ」って言ってそう。


写真好きのボクにとってはすごく楽しかったが、鳥に興味が無かったり、特に鳥嫌いの人にとっては、あまりにも鳥が多すぎて地獄のような光景に写るだろう。

アイスなど食べていると、隣の写真のように、わさわさと鳥がにじり寄ってきて、気がついたら四方八方囲まれている。我が家の次女はマジでビビりまくり

食べているその隣では、デカいホウキで鳥の羽とかフンを巻き上げながら歩いている従業員がいたりして、鳥インフルエンザになっちゃうかもなんて、心配をしてしまう人もいるだろう。

ちなみに上からはフンの爆撃があるので要注意!

ボクは写真目的でリピートありだが、妻は絶対に次は無いって感じだった。


ちなみに入場料は、「大人48RM/小人38RM程度」だったが、あまりにも高いと思ったので「I'm residence」と言いながらマレーシア発行の免許証を見せたら、「大人25RM/小人15RM程度」に割引してくれたので、マレーシア駐在の方はぜひ値段交渉してみよう。

マレーシア短期観光者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※短期のマレーシア観光においては無理して行く必要はないと思うが、レイクガーデン、バタフライパーク、バードパーク、ラン園は全て近くにあるので、一気に回ってみるのも面白いかもしれない。

マレーシア駐在員・長期滞在者へのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※鳥好きや写真好きならば星8個位つけてもいい位だが、鳥嫌いにとっては地獄でしかないだろう。

次へ
 Home