shinzou's Malaysia Life

Singapore - CONRAD CENTENNINAL SINGAPORE -
シンガポールに遊びに行く場合、大抵の場合は日帰り旅行ではなくて、宿泊することになるだろう。ここでホテルを選ばなくてはならないのだが、通常シンガポールのホテルに宿泊するのが普通であるが、実は隣国マレーシアのジョホールバルのホテルを利用した方が、圧倒的に安く済む。物価が断然安いマレーシアの方が、ホテル代も安いのは当たり前である。
とはいいつつも、やはり初めてのシンガポール旅行では、シンガポールのホテルを予約したいと思うのはごくごく当たり前のことであろう。ボクがシンガポールに行こうと決めたのは旅行の1週間前であり、しかも年末なので予約できるホテルは限られていたが、シンガポール駐在の方のご協力を頂き、CONRAD CENTENNINAL SIGNAPOREを予約することができた。

CONRAD CENTENNIALはヒルトンが展開するブランドホテルのうちのひとつである(知らなかったけど)。

CONRAD CENTENNIALのロビーエリア。奥に見えるクリスマス・ツリーはテディ・ベアを積み上げて作られている。

テディ・ベアのクリスマスツリー。

1日目の朝食はここだった。

バイキング形式。

シンガポールの食事は大抵うまいが、ここの朝食はハイレベル。「うまい。」

客室
2 TWIN BEDS CLASSIC ROOMにエクストラベッドを借りた。ベッドを並び替えて3連に。43平米程度なのでかなり余裕がある。

ちなみに5人だと、消防法の関係で2部屋借りるように言われてしまい、それだと12万円になってしまう。
なので、大人2人/子供1人で予約をして、実際は5人で泊まった。
ちなみに朝食はちゃっかり5人で頂いてしまった。

バスルーム。

かなり余裕があると言っていいと思う。

カーテン遊びでご機嫌の三女。

3日目の朝、CONRAD CENTENNIALの朝食。

ここの朝食はマジうまい。これだけでも、6万円払った甲斐ありと感じてしまう。

妻は「今まで泊まった全てのホテルの中で、一番朝食がおいしい」と絶賛していた。

ボクはカルパッチョがうまくて、二日に渡ってカルパッチョ死ぬほど食べてた。

フルーツエリア。

チョコチップ取り放題に大喜びの長女。

結局、「2 TWIN BEDS CLASSIC ROOM、朝食付き」で約820SGD(60,000円)だった。マレーシア相場に慣れ切ってしまっているボクとしては高く感じたが、シンガポールは物価3倍と思えば、その通りだと思う。
場所はマリーナベイの近くで、目の前にパルコなどのショッピングモールも居並び、マーライオンまでは徒歩20分程度なので、立地は非常によい。

CONRAD CENTENNIAL SINGAPOREのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※日本人宿泊客が多い。フロントに日本人スタッフも見かけたので、海外慣れしていない方でも安心であろう。我が家的には、とにかく朝食がうまかったということに尽きる。ただし、次はもうちょっと安いホテルを探して宿泊する予定。
次へ
Home