shinzou's Malaysia Life

Singapore - シンガポール - 予約
日本に住んでいれば、四季がちゃんとあるため、師走ともなれば冷え込みも厳しくなって年末という気がしてくるものだ。しかし、ここマレーシアにいると一年中夏で、雨季と乾季くらいしか季節感がない。
話はそれてしまうが、日本でどこか旅行に行ったり、楽しい出来事があった際、意識せずともあの時は暑かった寒かったとか、雪が降っていたとか、または梅が咲いていた、桜が咲いていたなど、そのときの季節感も一緒に記憶するため、季節ごと・月ごとに記憶が出来るものだ。
しかし、年中夏のマレーシアでは、どこかに行った事を思い出そうとしても、はたしてそれが何月の事だったか、全く思い出す事が出来なくなってしまうのだ。数ヶ月前にキャメロンハイランドに一泊二日で足を伸ばしたが、何も履歴がなければ何月に行ったのかすでに忘れてしまっている状態。
このような環境下に住んでいるボクとしては、12月末となった今も、全くと言っていいほど正月気分になることができていない。むしろ、2月の旧正月になると何となく正月っぽい飾りが街中に出てくるので、その方が正月気分を味わえるほどだ。

そんなこんなでしんみりと年末年始を迎える気分には到底なれないので、突如思い立って、年末はシンガポールに遊びに行くことにした。23日の日曜日にシンガポール旅行を思いつき、29日の土曜日にはシンガポールに行けてしまうのは、やはりマレーシア駐在員の特権というものであろう。

ホテルの予約は、日帰り出張以外でシンガポールに行った事がないボクが自分で行うよりも、実際にシンガポールに住んでいる方に予約して頂くのが最も確実・安心・失敗がない。
なので、シンガポール駐在の方に無理を通して頂き、一週間を切るような直前の予約にもかかわらず、マーライオン近くの一等地に位置する、「Conrad Centennial Singapore」を予約してもらう事が出来た。このホテルは言わばHILTONだそうなので、期待していいと思う。
ちなみに2泊3日朝食のみで882SGD(62,000JPY)であった。やっぱりマレーシアと比べてかなり相場が高いのは致し方なしであろう。

目的としては、シンガポールの夜景撮影、水族館、高島屋のデパ地下めぐり、観覧車、植物園、動物園、そしてCM撮影のためにスマップが来たことで有名なMarina Bay Sandsなどが候補に挙がっているが、そもそも突然こんなことを思い立った動機としては、納車したばかりのプロドゥア「Alza」でシンガポールまでドライブしたいと思ったのが大きい。ギリギリ本日をもって納車された2日後にはKL〜シンガポールまでドライブしちゃうあたりに、いつものように計画性のなさが露呈している感じである。納車が間に合わなかったらPangkorのときのようにKembaraで行く羽目になっていたが、それはなんとか免れた。

ときに冷静になってよく考えたら、Pangkor Lautの旅行は計画に基づいたものであるが、その他クルマの購入やシンガポールなど総計100万は半月前にはなかった案件であり、かなり無計画に散財してしまっている気がする。。。ただ、そうでもしてストレス発散をしなければ、海外生活なんてやってられないというのも根底にはあるだろう。気楽に見えるマレーシア滞在も、普段は小さな我慢を積み重ねて生活しているのだ。

それにしてもまさか、「ゴルフの練習場に行こうとして」→「タクシーと接触事故を起こして」→「クルマを買い換えて」→「シンガポールまで旅行」まで連鎖してしまうとは、思ってもいなかった。あの時事故ってなかったら、クルマを買い替えることもなかったし、このタイミングでシンガポールに行こうとは思わなかっただろう。そんな状態なので、「クルマでシンガポールに入れるらしい」ということ以外、その方法については何も知らないのでこれから調べるつもりなんだ。

次へ
Home