shinzou's Malaysia Life

Pangkor Laut Resort - パンコール ラウ リゾート - 桟橋
Pangkor Lautに入るためにはJettyの利用が必須になるので、この島に上陸する人は必ずこの桟橋を通ることになるだろう。そしてJettyに乗るということ自体、非日常的な経験であるが、Pangkor Lautの桟橋に降り立った時にはキレイな景色と相まってさらにテンションが上がってしまうこと請け合いである。

ここがJettyの発着所。

水面下では沢山の魚を見ることができるハズだ。

おお〜。
素晴らしい景色だ。

しま模様の南国魚や、長さ70cmはあろうかという口が細長い魚も何匹も見ることができる。


もちろん、魚にエサをやったりできるので、子供たちにとっては楽しいスポットであろう。
朝食をとった「Feast Village」から持ち出したパンを持って、子供たちと桟橋に向かう。

パン屑を投げ入れるとこの通り。無数の魚が集まってくる。
なんか、網をひとすくいすれば大量にとれそうだ。

子供たちが桟橋の隙間から何かを見ていると思えば、下記写真のようにこれまたたくさんの魚を見ることができた。

大人ならば気が付かずに素通りしてしまうような場所だが、子供たちは目の付け所が違う。

パン屑をポロポロ落とすと集まる集まる。

本当に豊かな海だ。

桟橋からの眺め。

遠くに見えるVillaは「Sea Villa」だ。





アクティビティに出かける小舟。どこに行くのだろうか。

このようなアクティビティに参加しても面白そうだ。

手前の建物はLobbyやレストランで、奥側は「Garden Villa」だ。

桟橋を背景にワンショット。


我ながら写真がうまいと思う。
このような写真が撮れるのであれば、カメラ機材に150万円も掛けてしまったのは無駄ではないだろう。

桟橋のお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※この桟橋で特に何かするというわけではないのだが、パン切れを持って行くと面白いかもしれない。
次へ
Home