shinzou's Malaysia Life

Bangsar shopping center - バンサー ショッピングセンター -
今回は久しぶりにショッピングセンターのご紹介ということで、「Bangsar shopping center バンサー ショッピングセンター」をご紹介したい。日本人の間では「バングサ」と発音しているが、通常「g」は発音しないので、地元の人たちは多分「バンサー」と呼んでいると思う。

MontKiaraもメルセデス・BMW・アウディがカローラのごとく走り回っている高級住宅街であるが、ここBangsarも高級車しか走っていないような高級住宅街である。ちなみに、たとえば日本でアウディ/A4 2L TFSIは440万円位で買えるが、ここマレーシアでは関税がかかって840万円位する。マレーシアの物価は日本の約1/3なので、地元の人にとっては2500万円相当の価値があるクルマとなるわけで、2000万円オーバーのクルマがカローラのごとく走り回っていると言えばどのようなエリアか分かりやすいかもしれない。
そんなBangsarの一角にあるショッピングセンターは当然高級志向のショッピングセンターとなっている。


Bangsarは日常的に利用しているOne utama shopping centerのような超巨大モールと比べると小粒なショッピングモールである。以前ボクはここに足を運んだことがあったのだが、その価値が分からないので妻をBangsarに連れて行ったことはなかった・・・・のだが、最近Bangsarに行った妻いわく「Bangsarのほうが置いてあるもののセンスが断然良い。」のだそうだ。

下記はお菓子売り場。


確かに、言われてみれば、置いてあるお菓子の陳列もおしゃれな感じがする。

中身は安い。

デカキャンディー。

こんなの与えたら一発で虫歯になりそう。



ワイナリーというかパン屋というか。

本屋。

基本的に洋書しかないので、本屋に入ることはほとんどない。

マレー人は子供のころから英語に慣れ親しんでいるので、ほとんど全員英語をしゃべれるのだろう。

翻って、日本人は100年後もやっぱり英語アレルギーだと思う。

雑貨屋。

子供服の専門店。

確かにセンスがいいかもしれない。

長女。

キラキラした宝石が好きなのは誰に似たのか・・・。

これぞ背伸び。

いろんな意味で。

ファンシーな子供服売り場。

ヒンドゥ教のお正月「ディパバリ」を祝うアート。この時期になると、至る所でこの模様を見ることができる。なんと米粒?で模様を描いているのだ。その横ではクリスマスツリーが飾ってあったりして、イスラム教を国教とするマレーシアであるが、その懐の深さを垣間見ることができる。





マレーシア観光としてのお勧め度
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
※観光に来る場所ではないと思うが、駐在員ならばショッピングに面白いと思う。
次へ
Home