shinzou's Malaysia Life

マレーシアでの公共料金支払い方法
生活していると各種インフラ、電気・水道・電話・視聴料・使用したクレジット料金等を支払わなければならないのは日本もマレーシアも同じである。ただ、日本の場合は自動引き落としという便利なシステムがあり、わざわざ郵便局や銀行まで支払いに行く必要はあまりない。
しかしマレーシアでは自動引き落としという便利なものがないため、わざわざ郵便局等に出向いて支払いをする必要がある。驚いたことに銀行から発行されているクレジットカードすらも、自動引き落としではなく小切手等による支払いが必要である。
年に数回ならばいざ知らず、毎月毎月各種支払いを郵便局等で行うのは非常に面倒なので、インターネットで支払いができるように設定した。

ボクが利用している銀行はマレーシア大手のMaybank。虎ガラの黄色がイメージカラーの銀行でゴルフのマレーシアオープンのメインスポンサーにもなっている。

インターネットによる公共料金の支払いが出来るようになるには、面倒な手続きが必要だが、一回設定してしまえば非常に楽になる。

(1) まずMaybankの支店に行く。
(2) maybank2uのIDを発行してもらう。
(3) それと同時にTACナンバーの発行許可手続きも行う。
これらは支店に行かなければ出来ず、その時点で面倒。

(4) maybank2uのサイトに行き初回ログインの手続きを行う。

これがmaybank2uのサイト。

(5) ここまでやれば、maybank2uで入出金明細の確認・クレジットカードの支払いなどが出来るようになる。(こちらのクレジットカードは自動引き落としではない)。

ただし、この状態ではまだ公共料金の支払いが出来ないため、(3)で行ったTACナンバーの発行が必要になってくる。

(6) 公共料金のBill Paymentをクリックすると、Maxis, Astro, TM, Tenaga Nasionalなどの一覧が出てくるので、支払いしたいものをクリックする。600社に対する支払いが可能。


(7) たとえば電気会社のTenaga Nasional。
これはTenaga NasionalのBill。各種詳細情報が記載されている。


(8) Maybank2u > Bill Payment > Tenaga Nasionalを選ぶと次のような画面が出てくる。
明細を見ながらAmountに支払い料金、Bill account noにBill Noをkey inしContinueをクリック。



(8) TAC Noを要求する画面になるので、TACをクリックすると、自分の携帯電話に一時的なパスワードがSMSで送られてくる。

SMSを読むとMaybank2uからTenaga Nasionalに電気料金317.25を支払うための一時パスワードが送られてきたことがわかる。

この場合はTACナンバーは400682。これをkey in。

O.Kを押すと支払い完了となる。

マレーシアに在住の方で、郵便局等に赴いて支払いをしている方が多いようだが、これを使えば自宅に居ながら簡単に支払いが出来るようになる。毎月のことなので、ご参考にしていただければ幸いである。
もっとも、日本のように毎月勝手に自動引き落とししてくれれば一番簡単であるが、マレーシアはそのようなシステムにはなっていないのだ。

次へ
 Home