shinzou's Malaysia Life

マレーシアの交通事情 -その3-
先の稿ではマレーシアの道は広く、平均速度が日本と比べてかなり速いとお伝えしたが、そんなマレーシアで人気の車種を紹介したいと思う。マレーシアで人気の車種はズバリ、セダンタイプのクルマである。

「セダン〜?ダサい・・・・。」

なんて思うなかれ、確かに日本ではセダンタイプのクルマは風前の灯であるが、マレーシアではミニバンよりも圧倒的にセダン。なぜならば、一般道を時速100kmでジグザグにかっ飛ばせるクルマこそが使えるクルマであり、またマレーシアにおいてセダンこそがステータスシンボルとなっているのだ。

例えば、日本国内では不調を極め、販売が終了してしまったシビックは、マレーア国内では一目置かれる存在である。
シビックオーナーは皆、誇らしげにシビックを運転しているし、もし知人がシビックに乗っていたとしたら「どうやって買ったの?」という会話が成り立つほどだ。それもそのはず、大卒初任給が5・6万円という給与水準にもかかわらず、350〜400万円もするのだ。
日本では信じられないだろうが、シビック専門の窃盗団も存在するほどの人気車種である。

翻って日本国内ではシビックの評判は悪く、あんなにデッカク(3ナンバーに)なっちゃって・・・・。と、半ば嘆きのような言葉が聞こえてくるし、実際日本でシビックセダンに乗っている人は少ない。なぜこのような現象が起きているかと言うと、自動車メーカーは日本市場よりも海外市場を重視してクルマを作っているからである。現在のシビックが3ナンバー化されたのも、日本市場は視野に入っていないからだ。

このようなクルマの大型化を嘆く節は日本の各種自動車雑誌で散見できるが、これは仕方のない事である。実際に海外で生活すればそのことを肌身に感じる。こちらの方々の購買意欲と購買力には目を見張るものがあり、皆シビックに乗りたくて、カムリに乗りたくて働いているのだ。企業であるならば売れる相手に向けて開発するのは当たり前のことである。日本国内の基準だけで物事を考えていたら、日本の自動車メーカーはあっという間に世界基準から外れ、日本の携帯端末のように世界市場から締め出されてしまうであろう。もし日本の自動車産業が世界市場から締め出されたら、恐ろしい事態を引き起こすであろうことは容易に想像がつく。

そんなわけで、街中で見かけるクルマたちを紹介したいと思う。

ホンダ
シビック タイプR

マレーシアではホンダの人気が高く、特にシビックは人気車種。その中でもシビックタイプRは憧れの存在となっているはずだ。これで通勤できたら最高に気持ちいいだろう。


トヨタ
カムリ

日本でカムリに乗っていたら、「え?」って感じかもしれないが、マレーシアでは高級車
カムリに乗っていれば「金持ち」ということになる。これはマジ。

マレーシアで運転すればその良さが分かる。

トヨタ
プリウス

残念ながらハイブリットの認知度は低いようで、プリウスの台数は少ない。日本が誇る技術で世界をアッと言わせてほしいが、こちらのガソリン代は約55円/L・・・・。プリウスを買えるほどのお金持ちは燃費なんて気にしないから、ハイブリットは選ばれにくいかもしれない。


ホンダ
インサイト

これも日本人であれば言わずと知れたインサイト。プリウスよりも多く見かけるが、やはり絶対数は少ない。
海外在住のボクの個人的印象としてはハイブリッドはすでにガラパゴス化している気がするが、日本経済のためには世界中で売れてもらわなければ困る。

VW
GTI

世界的に絶好調のVWだが、意外にもマレーシアで見かける絶対数は少ない。パサートとか一回しか見たことがないのは何故だろう?
ドイツ御三家の中では、あんまり目立ってない気がする。マレーシア販売に力を入れてない?

ベンツの事は全然わからないが、とにかくベンツ。

ベンツのSクラスは普通に走っている。

BMW

BMW・アウディは元気がよい感じがする。これは5シリーズかな?7シリーズもよく見かける。
写真に右端に写っているのはプジョー。注意して見れば、プジョーも多いかも。

ポルシェも非常に多い。
ポルシェって特別な存在でなければならないハズなのに、残念ながら、特別とは言えないほどに台数がいる。

ポルシェにしてはちょっと台数が多すぎる。


ポルシェといえば、どう言うわけかカイエンに乗っている方が多し。画像左側のクルマがカイエン。でかい。マレーシアでは良く分からんが、1600万円位?


ちなみに右はアウディR8。日本では1600万円程度だが、マレーシアでは倍額はすると思う。

ランボルギーニだっている。
さすがにこれは一回しか見たことない。
てかランボルギーニの実物見たのこれが初めて。

たぶんガヤルド。

日本では2500万円だから、マレーシアだと5000万円くらい?想像もつかん。

ところで、マレーシアを走っていて面白いのは、これらのクルマに交じって古い車もちゃんと走っていることである。例えば、ダイハツ「シャレード」。日本でシャレードは流石に見なくなったが、マレーシアではまだまだ現役だ。
道路が大きく広く、新旧様々なクルマが入り乱れ、そして基本的に皆クルマが大好き。マレーシアの道路は、日本の道路よりも面白いんだ。

次へ
Home