本文へスキップ

shinzou's Life Style

投稿日

2016.10.02

小太郎の写真

先稿からの続きで、小太郎の写真をご紹介させて頂きたい。ボクが使っている写真システムはスマホやコンデジなどではなく、ニコンの旗艦機種である「D4」および各種高級単焦点レンズであり、多分世間一般的な柴犬写真とは一味違ったものになっていると思っている。今回利用しているレンズはNikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gというものだが、希望小売価格がレンズだけで226,800円というマジキチレンズであり、また柴犬撮影において最も使用しているものである。 この58mmという焦点距離が絶妙に感じるんだ。

小太郎

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F1.4, 1/1600s, ISO400, 0露出補正, Adobe Lightroom

早朝の散歩道を5814Gの絞り開放で撮影している。至近距離から絞り開放で撮影するとピント面がカミソリのように薄くなってしまい、何がなんだかわけがわからなくなってしまいがちだが、少し離れた位置から絞り開放撮影すると標準焦点距離をもつ大口径レンズにしかできない独特な表現が可能になる。ボクは、この距離感における絞り開放での撮影にハマっているんだ。

小太郎

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F3.2, 1/4000s, ISO400, 0露出補正, Adobe Lightroom

誰が何と言おうと可愛いですね。

小太郎

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F4.5, 1/1000s, ISO200, 0露出補正, Adobe Lightroom

何だろうこの素朴な可愛さ。飾らない可愛さ。それにしても、味気のないアスファルトすら美しくボカしてゆくこのレンズの実力は半端ねぇ。

柴(♀)と小太郎

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F4.5, 1/400s, ISO1600, 0露出補正, Adobe Lightroom

小太郎がしつこくしているので、半ば迷惑がっているメスの柴。

小太郎のおすわり

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F3.5, 1/160s, ISO400, 0露出補正, Adobe Lightroom

小雨が降り始める中、全然こちらに視線をくれようとしない小太郎に対し、こちらも意地になって視線をくれるまで待ち続けて撮った一枚。

小太郎の横顔

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F3.2, 1/4000s, ISO400, 0露出補正, Adobe Lightroom/Photoshop

リードがなくなっているように見えるが、画像処理によってリードを消し去っている。

戻る          TOPへ          次へ