本文へスキップ

shinzou's Life Style

投稿日

2016.09.11

犬小屋自作 - ペンキ -

前回からの続き


小太郎形は組みあがったが、これでは味気ないのでペンキで色を塗る。
小太郎柴犬の犬小屋の屋根の色と言えば、「赤」。
赤以外に考えられない!

小太郎「人間どもは何やってんだ~?」という表情の小太郎。

相変わらずかわいいDog(柴)だぜぇ~・・・。

小太郎屋根を塗り終えた図。

「赤い!」

小太郎側版は茶色。
内側は犬がクサがると考え、地色のまま残した。

屋根のてっぺんに雨水の侵入を防ぐLの時の物(部品名称不肖)を装着。

小太郎ペンキが余ったので裏も塗装する。
裏側の保護にもなるだろう。

小太郎ブロックを用いて乾燥中。
まるで高床式倉庫。

想像以上にうまくできた。
所要時間、1日。

小太郎興味津々の小太郎。

ペンキが完全に乾くのを待って、本格始動させる予定。

設置 完成

小太郎
それにしても、ボクの中で「犬と言えば犬小屋の中」というイメージが強烈にあり、犬小屋が犬飼育の醍醐味の一つだと思っていたのだが、最近では犬小屋は必要とされていないという事実を知って驚いてしまった。今回は市販品では犬小屋が手に入らなかったため、自分で犬小屋を作り、結果的に父と娘を巻き込んだ親子三世代の共同作業となったが、それは貴重な経験だったし、そんな犬小屋に飼い犬が入ってくれるのだとしたら・・・、それこそ犬飼育の醍醐味の一つなんじゃないかって思った。作ろうと思えば室内にも置ける小さなものも作れるし、工作が苦手なボクにも簡単に出来た。個人的には犬小屋自作はお勧めだと思った。

なお、今回の総材料費は8,000円程度である。

戻る          TOPへ          次へ