本文へスキップ

shinzou's Life Style

投稿日

2016.08.20

散歩道

パタパタ

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F2.8, 1/250s, ISO400, 0露出補正, Adobe Lightroom

一眼レフカメラは、自分が思った通りの表現を可能としてくれる大切なツールだ。目の前でめぐるましく表情を変える柴の、その一瞬の表情は、「D4」という大変すばらしい愛機があればこそ切り撮れる。

ご挨拶

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F4, 1/1000s, ISO800, 0露出補正, Adobe Lightroom

我が家に来た、その次の日から外に連れ出している。すでに外の世界に慣れて、時計よりも正確に朝6時前、ボクを外に連れ出してくれている。
齢三ヶ月ちょいのチビのくせに他の大型犬に唸りつける気の強さを兼ね備えているが、このメス柴との相性は良いようで毎日のようにスキンシップをしている。

それにしても顔が、デカい。

小太郎 by AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F2.8, 1/400s, ISO800, 0露出補正, Adobe Lightroom/Photoshop
画像処理によりリード除去

ニコンの次世代標準レンズ「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」。ときに描写が暴れるクセ玉とされるが、長く使い込むと何をどう撮ればどうなるか直感的に判断できるようになるし、実際そのように撮れる。
小太郎の超絶的な可愛さを余すことなく描写する。背景の連続的なボケ・・・、もはや通路すらも美しく表現できるのは、使っているレンズが「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」だからこそ。折角ニコン機をお使いになられているのであれば絶対に手にしてほしい銘玉だ。

ご挨拶

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F4, 1/800s, ISO800, 0露出補正, Adobe Lightroom/Photoshop

小太郎

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F4, 1/800s, ISO800, 0露出補正, Adobe Lightroom/Photoshop
画像処理によりリード除去

パタパタ 1/4000秒

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F4, 1/4000s, ISO800, 0露出補正, Adobe Lightroom/Photoshop
画像処理によりリード除去

犬のパタパタの瞬間を、1/4000秒・・・・、つまり0.00025秒という超高速シャッターで写し止める。人間の目には止まらないような瞬間をただ写すだけでなく、その瞳にドンピシャにピントを合わせられるのは「D4」だからこそ。そして振り払った産毛が朝日に光り輝きながら飛んでゆく、そんな細かすぎる情景すらも克明に描写できるのは、こだわりぬいた写真システムだからこそ成せるのだ。

戻る          TOPへ          次へ