本文へスキップ

shinzou's Life Style

投稿日

2016.08.13

散歩道

散歩道

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F1.4, 1/1600s, ISO200, Adobe Lightroom

柴を飼い始めてからというもの早起きになった。全自動で朝5時に目がさめてしまう。犬はまだ寝ているので、もはや犬より早起き。このカットは日が昇り始めたばかり朝5時半に撮影したものだ。自身の生活習慣を思い返すと朝5時半に近所を散歩した事なんて、今までたったの一度もなかったと思う。犬を飼うと生活習慣が変わると思ってはいたが、想像以上の効果があった。
早朝5時半、散歩途中に娘にじゃれつく小太郎。ボクがイメージしていた通りの柴犬との生活風景がそこにはあった。そんな貴重な瞬間を、ニコンが誇る究極レンズ58mmF1.4Gで切り撮った。写真に興味のない方が聞いてもサッパリ意味不明かと思うが、F1.4の絞り開放で撮影しているので撮影難度は高い。その代わり大口径レンズ特有の独特な表現が楽しめる。

散歩道 ご近所様の柴犬(メス)

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
70mm, F5.6, 1/1250s, ISO800, Adobe Lightroom

散歩に連れ出すと今のところほぼ100%の確率ですれ違うメスの柴犬、1才半。たった一年でここまで大きくなる。一般的に柴犬は警戒心が強く、家族以外には懐かない性格の持ち主だと思っているのだが、このメス柴はそれが当てはまらず極めて友好的。すれ違うたびにお座りをして、人に「あたしを撫でて!」と言ってくる。他の犬にはガルガル唸りつける小太郎も、このメス柴には接近できる。
それにしても、一日中散歩をしているんじゃないかって程に確実にすれ違うのだが、向こうも同じことを思っているかもしれない。

猫背が、可愛い。ひとつ可愛いをゲット。

散歩道 畑

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
135m, F5.6, 1/500s, ISO800, Adobe Lightroom

父の畑にて。畑の様子を見るのが散歩コースとなっている。
流石メーカー希望小売価格30万オーバーのレンズ。そんじょそこらのカメラ・スマホと比して、写りが違う。

整った三角形の耳が、可愛い。ひとつ可愛いをゲット。

散歩道

小太郎
Nikon D4
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
F1.4, 1/2500s, ISO200, Adobe Lightroom

目の前にひらひらしたものがあると飛びかからずにはおれないお年頃。娘に向かってジャンプしまくってる。1か月前はよたよた歩きだったのに、たった一ヶ月でこんなにジャンプできるようになるとは驚きだ。

後ろ足としっぽが、かわいい。またひとつ可愛いをゲットしてしまった。

戻る          TOPへ          次へ