試乗の部屋
EVOLUTION/DYNA系

これからハーレーを考えている方に伝えたいのが、進ゾウが生まれて初めて乗ったハーレーについてです。それが忘れもしない、「EVOLUTION・DYNA SUPER GRIDE」

憧れのハーレーに乗れる!それを聞き、マグナ250で乗り付けました。
そこで用意されていたのが、まさにSUPER GRIDEだったのです。
真っ赤なそれのマフラーはローライダーヘッダース、今思い起こすとキャブはFCRかS&Sで、点火やその他も手が入っていたと思われます。
ハーレーのみが持つ、独特のオーラに緊張・・・・。緊張じゃないな、畏怖の念を抱きながら、しかし、それを押し殺してエンジンをかける・・・。
その時点で全身が震えましたね。「こんなにスサマジイのか?ホンモノは?」って思いました。
アイドリングからして、余りにも違い過ぎる!
「ワシャワシャワシャワシャ・・・バゴンッ!バゴンッ!バゴンッ!バゴンッ!グヮングヮングヮン・ゴゥンゴゥンゴゥン・・」と、バイク乗りの遺伝子に刷り込まれている感動的なサウンドを奏で、しかし、それにびびりまくってしまう進ゾウ。
走り出すと、なんでしょう?一体どう表現すればいいのでしょう?
そう、一発の排気で100mも先に進んでいる感覚!と言えばイイでしょうか。
ゴロゴロしたエンジンの一発一発の感触と伴に爆進するその感覚は、まさにまさに憧れ続けたHARLEY-DAVIDSON!!
「すっげーーーーー!」って叫びました。

その感動が「初めて乗ったから故の感動だったのか。」それとも、「ホンモノの、決して廃れる事の無い感動なのか。」分かりません。
分かりませんが、ハーレーに乗り慣れてしまった進ゾウが、そのSUPER GRIDEに今乗っても感動的なオートバイであるハズだ。と、思っているのです。

EVOLUTION DYNA系、中古車としての台数は少なめかもしれませんが、コッチにしてみるのも進ゾウはお勧めします。

戻る