試乗の部屋
TC88/DYNA系

ダイナ・ローライダー
ローライダーに乗ってツーリング
TC88系の一押しがダイナ系。
そのダイナ系の中でも、ショベル・ローライダーの末裔「ダイナ・ローライダー」は、ハーレーダビッドソンが醸す風格、質、乗り味を全て兼ね備えた一品と言っても過言ではないでしょう。

ローライダーの名が示す通り、173cmの私でも足がベタベタに付く。
スターターを押すと、凄い振動と伴にそれは目覚め、アイドリング時の揺れは官能的。
ラバーマウントされたエンジンは、それはもう、生き物のようにゆっさゆっさと揺れ、慣れないと、こんなに揺れて大丈夫?って不安になる。
そして、クラッチを繋いだ正にその瞬間!!
モンスターエンジンが股座で大暴れし、ハンドルに振動を与え、しかし!次の瞬間には驚くほど滑らかで上質なクルーズを楽しむ事が出来る、そのラバーの味付けには脱帽。
ブチ回した時のそれは、TC-88の高出力を如何無く発揮し、このハイパワーを使い切ろうったって、道路公法上では無理!

ドラッグ系は勿論、チョッパースタイルにして乗るとカッコエエでっせ!
進ゾウだったら、ドラッグバーをライザーで手前に持ってきて、キャブはS&S、マフラーは二本出し、シートはサンダンスかホットドッグっていう路線にするかなー。ちょっと小振りな感じにして。

ダイナ・スーパーグライド
個人的にSUPER GRIDEは大好きです。
理由はかっこいいから、初めて乗ったハーレーがSUPER GRIDEだから。です。

LOW RIDERと同じ事を書く事になるので割愛しますが、エンジンをかけた時の味はあまりにも魅力的。恐ろしいほど車体が揺れます。
補足として、DYNA系のフレームの剛性の高さは素人の私にもはっきりわかります。安心して倒しこみ、止まる事ができるのがすごく良いです。
LOW RIDERとの違いは、めっきの有無、キャスター角が28度と立ち気味な事でしょうか。その他、細かい仕様は知りません。足つきはローライダーより悪いですが、シート交換により解決できる問題です。

アルミ地のエンジンなども好印象。この渋さが好きと公言してはばからない方も大勢いるのではないでしょうか?

めっきしていなくて、ちょっと装備が違うだけで約40万円も違う、その低価格も魅力です。むしろ、その浮いた40万円を使ってカスタムすれば、かなり自分好みのハーレーとなる。
進ゾウだったら、浮いたお金でシート、キャブ、マフラー、エイプバー、ローダウン、ウィンカー等やります。それだけで、イカしたハーレーとなるのです。
それが、SUPER GRIDE!文句無しにお薦めです!!

唯一の欠点を挙げれば、めっき好きには満足できない事でしょうか。
ちょっとでも、めっきの質感が欲しいと思うならばワイドグライドやローライダーがいいでしょう。
後からめっきパーツに換えるととんでもない金額に・・・・。

ダイナ・ワイドグライド
上記ダイナ系の中でも、ちょっと異端系!?なのがワイドグライド。
しかし、こいつのカッコ良さは単純には語れない。
見れば見るほど欲しくなる。
それがワイドグライド。
ラッキーストライクのTVCMの様に走り去りたかったら、ワイドグライドがいいと思う(笑)。

因みに、進ゾウがダイナ系を買うとしたら、ワイドグライドを選びます。

戻る