試乗の部屋
'05気になるモデル「ロードグライド」

進ゾウが「来たー!」と思ったのは、「ロードグライド」だ。
高速道路二人乗りが解禁される今、アツイのはツアラー系に決まっている。
ロードグライド、去年ラインナップ落ちして「何でじゃ!(怒)」と思ったのだが、'05で復活(喜)!

確かに、初めてハーレーを買う場合、若者はスポスタ・ダイナ・ソフテイル系、おっちゃんたちはエレクトラグライドを選ぶ傾向が強いと思う。かく言う自分だってソフテイルを選んだ。
ハッキリ言って、ロードグライドを選ぶ人はだと思う。
だけど、ロードグライドってカッコいい。それを選ぶセンスがある人はもっとカッコいい。地方の店にはあまり置いていないので、実物を見た人は少ないかもしれませんが、カタログで見るより遥かにカッコいいのがロードグライド。特に'05のカラーリングはイカス。
ツアラー系を狙っている方、「清水の舞台から飛び降りる気分」でロードグライドを契約なさってはどうでしょう?(笑)
コイツで高速二人乗りすれば最高にイカした夫婦となることウケアイ。そのスタイルと、図太いサウンドで周りの視線を独り占めするのは火を見るよりも明らか!

因みに、ロードグライドは「重くて・デカくて・太くて・押しが強い」
目の前にすると、その存在感に圧倒される。もはや、エレクトラグライド以上だ。
跨ってエンジンをかけると「ズドン!」と図太いサウンドを吐き出す。
アクセルを開けると、その巨体はTC88のパワーであっという間に流れに乗る。
振動がなく、上質なフィーリングだ。TC88ロードキングと同じような感じ。
そして、「音楽」が聴ける。当然、ちゃんと聞ける。
使わ(え)なかったが、オートクルーズまでついてる豪華クルーザーだ。
街中で、ガラス窓に映った自分を見ると、「でっけーバイクだな・・・(^^;」
そう、華奢な進ゾウにとって「見た目にデカ過ぎる(笑)」
進ゾウが乗るとしたら、ローダウン・シート交換は必須だが、宝くじ当たったら欲しい筆頭だ。


それにしても、ハーレーのラインナップの充実振りには恐れ入りました。
進ゾウが購入した1999年と比べて格段に数を増やしております。何とも羨ましい限り。

戻る