試乗の部屋
'05XL883L

最大の特徴は足つきがよい事!
女性や小柄な方にはうってつけのモデル。

XL883LのLは「LOW」のL。
圧倒的な足付き性能を持ち合わす本モデルは、女性でもローダウンしないで乗れちゃう嬉しいモデルだ。160cmあれば余裕です。155cmでもいける?
因みに173cmの進ゾウはひざがかなり曲がる程、低い。

おろしたての試乗車に跨り、エンジンスタート!
小気味よくブルっと震える。
クラッチを繋いで走り出すと、最初にイイと思ったのが「ハンドル」。ハンドルの形状が絶妙でございます。足つき性よりハンドルが気に入った。自然な位置で疲れない。

そして、883系を味わうコツは引っ張り気味にシフトする事。
グングン加速してゆき、街乗りに必要かつ十分なパワーをリアタイヤに伝えてくれた。国道を流すなら3、4速で十分。ラバーマウントされたエンジンが織り成す振動が何とも気持ちよく、自然と笑みが・・・・。
マヒると883は小さな排気量に思えるが、軽自動車より一回り大きいエンジンなので、パワー不足は感じない。ただ、ビック系と比べるとトルクが細く感じる。だからこそ883系は引っ張って乗るのが楽しい。引っ張って気持ち良い速度域。これって、ありそうでない重要な性能だ。

かなり絞ったシート。
シートの「巾」も足付きを左右する重要な要素だ。
ショートサスペンション。
まるで、後から交換したサスペンションのように低い。これならローダウンの必要性も少なくなる。

戻る