納車の部屋

長女の誕生で手放してしまったハーレーダビッドソン。しかし、進ゾウはこのハーレーダビッドソンに並ならぬ情熱を注ぎ込んでいたのです。

マグナ250

典型的な地方国立大学である新潟大学、しかも貧乏工学部生だった進ゾウが、どうやって超高級車「ハーレーダビッドソン」を手に入れたのか?

初期型の進ゾウは、ホンダV-TWINマグナに乗っていればそれで幸せだったのです。バイクに乗る前はマグナを見て「スゲー!欲しい!」って叫んでいたし・・・。

出会い

訳も分からずマグナに跨り、新潟市街地を走る幸せな日々が続いていたのですが、しかし!ある出来事をキッカケにその幸せは一瞬にして崩れ去る事となりました。あくる日、猛烈なサウンドを吐き出すオートバイにブチ抜かれたのです。「ズドドドンッ!」って。その衝撃、正に未体験。

唖然とする進ゾウ・・・。

ハーレーの事なんて何も知らなかった。何も知らなかったが、しかし!あれがハーレーダビッドソンであることは一瞬にして分かりました。何も知らなくて、ほんの一瞬の出会いだったが、一発で分かりました。その瞬間の、場所・明るさ・サウンド・その後姿は今でも克明に覚えています。それほどの衝撃を受けたのです。子供の頃、ロレックスやポルシェのように、おぼろげながらに「ハーレーって凄いんだ。」と思っていたのですが、この一件でハーレーダビッドソンは別格と言う事を思い知らされました。これが進ゾウとハーレーの出会いだったと言っても過言ではないでしょう。

それから幾日も経たないうちに、ハーレーダビッドソン専門誌「VIBE'S」の存在を知り、いつの間にかそれらの雑誌を通して、ハーレーに関する知識を蓄えるようになっていました。知識を蓄えるうちに、新潟大学のすぐ近くに「ブライトン(現・ハーレーダビッドソン新潟)」と言うディーラーの存在を知りました。「見に行きたい。」しかし、文無しの大学生が入る所ではないのでは?そんな事を考えながらも、実物を見たい欲求を抑えられずに恐る恐る行ったのです。そして店内に入ると、雑誌でしか見たことが無いハーレーがズラ〜リ!「ぬおお!かっちょエエーーーー!(大興奮)」「値段は・・・!?車両価格だけで軽く200万オーバー?到底無理じゃん・・・・。」

あまりの価格に気が遠くなりそうになった進ゾウでしたが、この時点でハーレー熱を冷ますことが出来なくなっており、それから毎週の様にお店に通いつめる日が続いたのです。そんな日々が続くうちに、店の方たちとも打ち解けるようになっていました。そんなある日、ハーレーの購入を決定付ける出来事がありました。店内に展示してあったカスタム車両「ファットボーイ」に跨ってエンジンをかけさせてもらう機会に恵まれたのです。ローライダーヘッダースを装着した黄/白のファットボーイ。

緊張の面持ちで跨り、スターターを押したその瞬間!
全身を「ブルッ!」と震わせ、轟音と共に目を覚ましたのです!
「やっべ!何だコリャー!?」
そして、アクセルを煽ると爆音と共にあの振動が体を貫く!
更に一発のバックファイアが鼓膜を引き裂く!
「こんな猛烈なマシンで街中走っていいんかいな!?」
この瞬間から「バカ」になっちゃいました。

あれを味わったら誰だって欲しくなるって!絶対に!

仙人のような生活

皮算用した結果、予算は大体260万は必要でした。学生には無理。月10万貯金しても二年以上かかる。しかし、いつの日にか絶対に乗りたかったので、就職してから買おうと思っていたのです。その来るべき日の為に少しでも貯金をしようと、アルバイトをすることにしました。自給750円〜850円の大手スーパーの品出しのバイトです。今思うとかわいいです。んが!

ココからが猛烈なスパートの始まりだったのです。

入ってきた給料を一円も使わずに貯金する。そんな日々が続けば続くほど、乗りたくて気が狂いそうになる。その気持ちは、下の通帳からも伝わるかと思います。お金なかったので、通帳を作ったときは1円スタートだったんですよ。この画像がハーレー購入を考えている学生さんに勇気を与えれば幸いです。

当時、学生だった進ゾウは情けない事ながら仕送りをもらっていました。しかし、その仕送りは生活水準を落として出来るだけ貯金するようにしました。月15000円、4畳半のアパートに変えたこともあります。しかし、余りにボロくて単なる物置になり、彼女(現・嫁さん)のアパートに住んだりして・・・。また、一日マルボロ2箱(当時500円)吸っていたのですが、いっさいがっさい禁煙。おかげで現在ではタバコからの脱却を果たしています。もちろん、外食や服の購入は禁止、昼飯は自作が基本です。以上の努力だけで月3万円くらいは貯金できるようになりました。とにかく、節約できそうなことは全て節約して、一切の無駄を出さないようにしました。

講義が終わったらまっすぐバイトに行きました。週5日の17時から21時30分まで。この、無理しすぎないシフトが、留年・挫折を引き起こさなかった秘訣だと思っています。勿論、給料は全て貯金です。また、パチンコや競馬などで増やそうと考えませんでした。そんな事に時間を使わず、しっかり講義に出て、まじめに働いたのも成功の秘訣。

今思うと涙ぐましいと言うか、よくこんな修行僧のような生活が出来たなと思います。こけの一念とでも言うのでしょうか。そんな生活を続けているうちに、学生の時にハーレーを購入するめどが立っちゃったのです。貯金した金額は150万。私の記憶では180万貯金したような気がしますが、とにかく通帳では150万貯まったのです。 ※途中、10万おろしているのは大型二輪免許のためで、最後に10万近くおろしているのは、ハーレーの手付金だったと思います。

残りをローン組んだら、学生でもハーレーを維持できるレベルでは?学生がローンを組むのには親の承諾が要ります。親に物凄いお願いして承諾してもらいました(結構大変)。 頑張りまくった甲斐あって月々14000円の返済(60回)で、夢にまで見たハーレーダビッドソンのオーナーになっちゃったのです。
バイトしながら、講義中も、寝るときも、ハーレーハーレーハーレーハーレーハーレーハーレー欲しいなー。
欲しい欲しい。うーん。欲しいー。です。2年間。夢にも出てきました。

ハーレープラモを作って遊んだ事あります。
結構面白かったりして・・・・。

黄色と白に塗った辺りが、初めて触れたあのファットボーイの印象が如何に強かったかを表しています。

MYハーレーと対面

ブライトンの方がそんな進ゾウに気を利かせて、発注・輸入されてきた、まさにそのハーレーの開封現場を見せてくれたのです。このサービスは嬉しかったです。更に出すのを手伝っちゃったりして。現在はトタンに梱包されていますが、当時は木箱。それはまるでワインの様。ベリベリベリって箱をはぐると、夢にまで見たご対面。この時の心境はちょっと文章に出来ないです。だって、夢にまで見た自分のハーレーダビッドソンが目の前にある。そのハーレーが自分の物になったのは凄い事です。

このようにして手に入れたハーレーだから、進ゾウが維持するバイクはこれで最後です。つまり、これに乗らない=バイクにはもう乗らない。と言う事になります。因みにその後、この通帳の残高は23円となり、卒業・就職とともにその役目を終えました。

学生・ハーレー買い方講座

学生だってハーレーに憧れるし、手に入れたい。それは、学生だろうが社会人だろうが関係ありません。ただし学生の場合、忘れてはならないのは、「学生は学生」と言うことです。

いくらハーレーが欲しいからと言って、本業そっちのけでバイトばかりして講義に全く出なかったでは、ハーレーと学業の両立が出来ているとはいえません。ハーレーが原因で留年した場合、最悪と言えるでしょう。一体何のために大学や専門にすすんだのか?

それではフルローン。と言う手もありますが、絶対お勧めしません。学生がフルローン、またはそれに近いローンを組むのはとても危険です。月々の支払いだけでも、精神的にも体力的にも疲弊する上に、カスタム・保険・車検など、とにかく次から次へと数万円単位の出費が容赦なく降りかかります。ハーレージャパンの低金利時代、一括で買っても、ローンで買っても払う金額がほとんど変わらないと言う考えは浅はかです。手に入れたその瞬間からお金がかかるのです。
それでも最初の1年程度はその情熱も手伝って耐えられるかもしれませんが、2年3年4年5年とローンと維持費を払い続けるのは並大抵の事ではありません。ローンは学生の為ではなく、経済力のある、即ち、働いている人の為にあるのです。日々まじめに働いて生計を立てた、自立している人はフルローンで維持・管理できる経済力があります。ハーレージャパンの金利が安いからって金貯めてから買うのと、フルローンは一緒と言う考え方は、学生にはあまりにも危険だと思います。

では、学生はどうすればよいのか?それは、昔に進ゾウがやっていた事と同じ事をするしかないのです。学生の利点、即ち「時間と体力なら負けねーゾ!」とばかりに、講義に出て、バイトして、生活を切り詰めて貯金して、何度も電卓はじいて皮算用して、ガマンして手に入れる。コレに尽きます。逆を言えば、それが出来れば、たったの2年半年で新車のハーレーが手に入っちゃうのです。
現在では無事にローンを払い終えており、名・実伴に「自分のハーレーダビッドソン」となっております。コイツとの付き合いはまだまだ続きそうです。

進ゾウ流の学生ハーレー購入法は「酒・タバコ・ギャンブル一切無し。贅沢は敵だ!」です。

最後に、あまりにもハーレーが欲しくて、学生の華であるサークルやコンパとは無縁になってしまったので、実際のところ少し後悔してます。やりすぎると学生にしか味わえない楽しみも犠牲にするので程々にしましょう。

HOUSE OF HARLEY-DAVIDSONに戻る