アクセルワイヤの交換

アクセルワイヤの交換を再度しました。
だって、ぶっちゃけた話、今までのワイヤって、進ゾウのバイクに規格が合ってなかったんだもん。
ワイヤを引っ張ると、スイッチボックスから抜けちゃう、情けないワイヤだったから。

そこで、前から欲しかったステンメッシュで、しっかりと規格が合っているワイヤをゲットしました。

メッチャクチャにイカしているステンメッシュのアクセルワイヤ。

今まで、クラッチとブレーキはステンメッシュだったのに、アクセルワイヤだけ「黒」だったので換えたいと常々思っておったのです。

一本8000円也。
進ゾウは引き側のワイヤしか使わないので、一本のみの購入でOKです。
アクセルワイヤを新たに購入したもう最大の理由。

なんと、ワイヤを引っ張ると抜けてしまうんです(笑)。←左写真。オイオイって感じですね。

穴の径が合っていないためです。これでは自己満足ポイントを大幅に下げてしまいますね。

同じ間違いを二度と犯さないように、今回はしっかり穴形に合っているものを購入。
まずは、今まで使っていたワイヤを外しましょう。

手順を考えないでやると、めちゃくちゃ大変です。(経験済)

手順を追って行えば、簡単に済みます。

キャブ側から取り掛かります。
まずは、ワイヤを取り付けている円盤を外し、左写真の状態にしてあげます。

こうする事によって、グリップ側のワイヤが緩んで簡単に外れます。

もしくは、アクセルワイヤ調整機構を使って最大限にワイヤを長くして緩める方法も考えられますね。
お次はグリップ側をばらして、赤丸印を外しましょう。「タイコ」を無くさない様にね。

キャブ側のワイヤは外れているので、簡単に取れるはずです。

キャブにしっかり取り付けされているにも係わらず、グリップ側から無理矢理外そうとしても、イイ事は何一つ無いことが分かると思います。(経験済)

※昔、進ゾウはワイヤがピンと張った状態で外そうとして苦労していました。
これが今回購入したワイヤです。
タイコは再利用します。

右の針金は、ワイヤを支える重要なパーツです。
とっても無くし易いのでご注意を。
この針金を矢印部の「くぼみ」に取り付けてあげます。
針金を取り付けたら、
「ちから一杯穴に挿入」
してあげましょう。↑この表現、マズイかな・・・・。

そうすると、何とも言えない手ごたえと共に、カチッと入りました。

※この力任せのやり方は、御自分の判断で行って下さいね。
写真を見ると、針金が「ストッパー」の役目を果たしている事が分かると思います。

ワイヤを抜く時は逆の手順で、力いっぱい引き抜きます。

針金をまず外してから穴から抜く、と言う、何とも優しい方法もあるのです。が、この狭い空間で針金を取り外すのは、至難の業です。
進ゾウには一生掛かっても無理です。(経験済)

※力任せか、優しくやるかは自己責任で。
穴に挿入出来たら、タイコを使ってワイヤをグリップに装着します。
そしたらハンドルバーにグリップを刺してあげます。
スイッチボックスをカパカパと取り付けて、ねじで固定してグリップ側は完了。

この時の注意点は、グリップをバーに最後まで挿入してネジ止めしないことです。アクセルが重くなってしまいます。(経験済)

バーとグリップは1mm以上の間隔を開けましょう。
お次は、ワイヤを円盤に取り付けましょう。

そして円盤をキャブに取り付けようとしたら、ワイヤが短くて取り付けが出来ない。

しかしココで慌ててはいけません。

アクセルワイヤの長さは調整できます。
左上の状態はワイヤが短い状態。
右上の状態はワイヤが長い状態。

ワイヤを長くしたら、円盤取り付け可能になりました。

この状態ではワイヤがちょっと緩いですね。
程よくワイヤを短くしてあげましょう。
はい。
このようにまたワイヤを短くして、ピンと張るように出来ました。

こうすれば、全閉から全開まで可能になります。

ワイヤ交換って楽ですよね。
所要時間は20分。

今まで使っていたワイヤは予備にして、自分や仲間のワイヤが切れてしまったときの応急品として、取っておきます。

以上でワイヤ交換は終了です。
ワイヤは交換しなければいつか必ず切れます。切れたらとても困った事態になっちゃいます。

日ごろの点検を怠らないか、山のてっぺんでワイヤが切れても対処出来るようにしておくか、二つに一つです。
進ゾウは後者です(笑)。日ごろの点検たって、面倒ですからね。

閉じる