エンジンオイル交換

オイル交換の方法を知りたいと言う方がいらっしゃったので、急遽作ってみました。
用意するもの:ハーレー、エンジンオイル3本、オイルフィルター、車載工具、フィルターレンチ、そして少しのやる気です。
※フィルターは毎回換える必要は無いと思いますが、個人で判断して下さい。私は2回に一回。
暗くて分かりにくいですが、オイルタンクからドレンホースが出ているのが確認できると思います。
ストッパーから外します。
慣れてなかったり、新車だったりすると、少しだけ外し辛いかもしれません。
ドレンホースを引っ張り出したところです。
バンドでキャップを締め付けているので、バンドをマイナスドライバーで緩めます。
あとはキャップを抜けば、墨汁のようなオイルが抜けます。
寒いときなどは、ちょっと走ってからの方が抜けがいいです。
また、オイルタンクキャップ(注ぎ口の蓋)を抜くとよく抜けます。
下に受け皿を用意。ホームセンターにも使い捨て受け皿が200円位で売ってます。
すっぽーん!って抜いたらオイルが出てきます。

「うわー・・・・・。」

「墨汁」みたいに真っ黒

全部抜けたらドレンキャップとバンドを取り付けましょう。
コレはフィルターレンチです。
どこのホームセンターにも必ず売っています。色んな形をしているものがあるので、隙間に入らないものもあるかもしれませんので気を付けて下さい。

この形のフィルターレンチを使った方が間違いないです。因みにコレは車用のやつです。
※誤記訂正:よく見たら、H-Dの刻印が打ってあり、ハーレー純正のレンチでした。いつの間にか購入していたみたいです。どうりで使いやすいかったはずだ・・・(笑)。
オイルフィルターレンチをはめ込みます。
後はモンキーレンチなどを使って、組み合わせて使用します。
上手にやれば簡単に緩みます。
ドバーってオイルが流れ出すので大き目の受け皿を下に用意しましょう。
車体もオイルまみれになります。
オイルが抜けたら、新しいフィルターを取り付けましょう。
必ず手締めでお願いします。次回、緩まなくなってしまう恐れがあります。これはハーレーに限らず車でも手締めみたいです。
これが今回使用するフィルターとオイル。

フィルター1000円。
オイル一本800円X2本。
合計2600円でした。
安いでしょ。ハーレーのオイル交換は高くない。

しかし、純正は高い!!

因みにこのフィルター。ツインカムソフテイル用です(笑)。真似するかどうかは自己責任で。
左上写真赤丸が、オイルタンクのキャップです。
後は超簡単。ココからオイルを注ぐだけです。
ケチだから2本しか入れない。
琥珀のような色です。

余談ですが、雪の日に滑って転んだ時、このキャップがスッポーンって抜けて、エンジンオイルを全てぶちまけた事があります(マジ話)。
あれは悲惨の極みだった。雪とオイルで滑って起こせなかったし。
車体を水平にして、オイルキャップを最後まで入れて抜いた時、規定量のオイルが入っていれば完璧です。
※年式や車種によって車体を傾けた状態だったり、規定の線が違ったりしているので、取扱説明書やディーラーの方に確認をとって下さい。
因みに99年式ファットボーイは、水平にして赤印の範囲です。その範囲に入っていれば何でもいいんです。アバウトでもハーレーは走ります。
かんたん、かんたん。
二本しか入れないので、いつも先っちょまでしか入ってないです。
マニュアルには4000kmまたは半年に一回とありますね。
私は、走ろうが走らまいが、半年に一度の交換にしています。
オイルフィルターは2回に1回の割合で換えてます。
お金が無い時は交換しないなど、結構適当にやってます。が、オイルは血液なので年に2回は換えましょう。余ったエンジンオイルは、取っておいて、次のオイル交換のときに使いましょう(古すぎるのはタブー)。

ミッションおよびプライマリーオイル交換

用意するもの:ハーレー、ミッションオイル、プライマリーオイルと車載工具だけです。
あと、1枚目の写真のネジに白いテープが巻かれていますが、これは、ホームセンターの水周り用品コーナーに必ず売っている白い漏れ防止テープです。お好みで巻いて下さい。
ミッションオイルも技術的に難しい事は何も無いです。
トランスミッションの下の方の横っちょに、このようなネジがあります。
コレを緩めて抜くと、ミッションオイルがドローってって出てきます。
コレもちょっと走った後の方が良く抜けます。

私のはマフラーが邪魔で、緩め辛いです。
後は、この赤丸のネジを緩めて、規定量のトランスミッションオイルを注ぐだけです。

難しい事は何もありません。

規定量は上記エンジンオイルキャップのような、赤丸のネジについている’’棒’’を見れば分かります。
99ファットボーイは水平状態ねじ込まないで調べます。
規定量の範囲がエンジンオイルに比べて狭いので、入れすぎたりしないように注意して下さい。
プライマリーオイルの交換ですが、プライマリーケース下側の後ろの方に、おへそみたいなネジがあります。コレを車載工具で緩めれば、ドローンとプライマリーオイルが抜けます。

簡単です。

抜けたら、ネジを入れましょう。
次に矢印部のネジを全部緩めて、蓋を取ります。
後は豪快にプライマリーオイルを注ぐのみです。
激楽!!

規定量は、99ファットボーイ君で0.77Lとありますが、うーんと、下記の図のようになります↓。
とてもアバウトな図で申し訳ないですが、蓋を取ったらこのような感じで中が見えるかと思います。因みに水平状態で確認するので、結構見難いです。
マニュアルには、ミッションおよびプライマリーオイル伴に8000Km毎、もしくは季節毎とあります。
季節毎って何だ?夏と冬の事?
だったら半年に一度ですね。

私はケチなので、プライマリーとミッションは一年に一度しか換えません。マネしないようにして下さい(笑)。

これらを換えた後は、タイヤを新品に交換した時位、違いが歴然としますよね。

簡単なので皆さんもやってみましょう。

DO IT YOURSELF TOPに戻る