クルマのバッテリー上がり
延長コードでジャンプスタート!?

突然ですが、我が愛車「MOVE」のバッテリーを物の見事に上げてしまいました。事の発端はケータイを紛失したこと。車の中を探してみようと、室内灯を点灯し、そのまま忘れて部屋に戻ってしまったのです。

次の日の朝MOVEに颯爽(さっそう)と乗り込み、スターターを回したところ、
「カリカリカリ・・・・ッ!」「カリカリカリ・・・・ッ!」「カリカリカリ・・・・ッ!」

「こ、この音はハーレーで経験がある。まさか?」

そう、バッテリーが上がってしまったのです・・・・(^^;

その時点で会社に遅刻しそうになっていたこともあり、その場は諦めて嫁に送ってもらいました。
















会社から戻ってきた頃には、ウンともスンとも言わない状態まで放電しきってしまいました。

さて、どうやってエンジンを掛けようか?

エンジンを掛けれさえすればオルタネーターから発電・充電・復活できます。

バッテリー上がりと言えば「押し掛け」が真っ先に思いつきますが、オートマなので出来そうもありません。マニュアルなら挑戦する価値はあるのですが・・・・・。

次に思いつくのが、「ジャンプスタート」でしょう。他車のバッテリーの力を借りてエンジンをかける、あの方法です。しかし、それには問題が1つだけありました。それは、進ゾウ家には俗に言う「ブースターケーブル」無いのです。ケーブルを買いに行くのも面倒だし、高そうだ。

ここは、進ゾウ流「DO IT YOURSELF」と言うことで
延長コードでジャンプスタートに兆戦です。
考えるに、「ブースターケーブルを持ち合わせている人がエンジンを掛ける」よりも、「それを持っていない人がどうやってエンジンを掛けたのか?」その方が緊急情報としての価値は高いかと思います(笑)。だって、ブースターケーブルを持っていたら普通にエンジン掛かりますから。

※コレを真似して壊れても一切の責任は負いません。


ハンドルカスタムで自作した延長コードがあるので、そいつをばらす事にしました。
延長コードは2本くっついているので、どっちか分からなくなら無いように片方の線を黒ペン印をつけておきました。
ブースターケーブルに付いているバッテリー端子をはさむ、洗濯バサミみたいな物なんて持っていないので、むき出しのコードを端子に縛り付けました(←アホ)。


まずはアコードワゴンの
「+」端子につなぎます。 →
通路を挟んで→ MOVEの「+」端子につなぎます。
次に、アコードワゴンの
「−」端子につなぎます。 →
MOVEの「−」端子につなぎました。
その瞬間!MOVEの室内灯・ETCユニット・MDプレイヤーが作動したのです!

※絶対にアコードワゴンとMOVEの「+」と「−」が互い違いになら無いようにして下さい。
次に、アコードワゴンのエンジンをかけます。 MOVEに乗り込みます。
念のため、嫁にアコードワゴンのアクセルを踏んでいてもらい、緊張の面持ちでMOVEのスターターを回したのです。

が!

「カリカリカリ・・・・ッ!」「カリカリカリ・・・・ッ!」「カリカリカリ・・・・ッ!」

「カリカリ」言うようになったが全然掛からない。
ドコの家庭にもあるような延長コードゆえか、細すぎ・長過ぎなのかもしれません。
こんなのでエンジン掛かったら凄いよ・・・・・。」と嫁の突っ込み。

5分後、同じようにトライ。
「キュンカリカリカリ・・・・ッ!カリカリカリ・・・・ッ!カリカリカリ・・・・ッ!」
少し惜しくなったぞ!
しかし、掛かるには程遠い。

5分後、同じようにトライ。
「キュンキュンキュンカリカリカリ・・・・ッ!」
おお!?なんだか手応えが出てきたぞ!

5分後、同じようにトライ。
「キュンキュンキュンッ!」
「ズズューーィイイイイイン!!」
「エンジン掛かった!」


ハーレーのトラブルに比べたら、MOVEのエンジンスタートなど余裕じゃ!
「す、凄いね・・・。」と呆れたとも言える嫁の感想が・・・・(^^;

その後、しばらく走って充電させました。

次の日の朝、全く問題無くエンジンは掛かり、ターボタイマーに表示される電圧は13V以上!
完全復活です(^^。


DO IT YOURSELF TOPに戻る