パフォーマンスマシーン

Performance Machine

先の話で、「ハンドルカスタム計画-その2-」をぶち上げましたが、第一弾として「クラッチアッセンブリ」の購入に踏み切りました。ヤフーオークションを常に観察し、条件に合うモノが出たらゲットする作戦です。
最初に目に止まったのが、「BDL社」のクラッチとブレーキマスターのセットです。誰がどう見ても高額のそのキットは55,000円。しかし、しばらく悩んで諦めました。
すると、GMAのクラッチとブレーキマスターのセットが5,000円で出品されてきました。それを狙っていたのですが、高額入札者が出てしまい、断念せざるを得ませんでした。
しばらく観察を続けていたのですが、思うようには行きませんでした。そこで、誰も見ないような「その他」カテゴリを覗いてみました。すると、あるひとつのパーツが進ゾウの目に止まったのです。それが今回のパフォーマンスマシーン(俗に言うPM)のクラッチアセンブリーです。


見ると、2万円で即落札です。
「うーん・・・。PMかー・・・・。」
何を隠そう、進ゾウ、PMのブレーキ系をおごったモンスターマシン(タイタン)に乗った事がありまして、その全く効かないブレーキに恐れ・おののいた経験の持ち主です。それ以来、「PMは効かない。即ち、PMの製品は買わないでおこう。」という感情が刷り込まれていたのです。(※雑誌等でのPMの評価はとても高いので、進ゾウの意見が全てだとは思っておりません)
また、2万円と言う価格設定が微妙です。「高いけれど、頑張れば買えるぞ。しかし、せめて16,000円ならば嬉しいなー。」と言ったところです。
ただ、ミスミエンジニアリングのクラッチアセンブリーは約4万円。HOT DOCKのクラッチアセンブリーも約4万円。脱帽のデザインセンスとその品質は、進ゾウの心を鷲掴みにしてやみません。が!「たかがクラッチに4万円も出せない。」のも現実。


そんなふうに悩んでいた進ゾウの目に、ある一枚の写真が。その写真は、ロードランナーさんが送って下さった、8・8ツーリングの様子を収めたCD-Rに入っていた写真です。そこにはリョッチさんのハーレーのクラッチのアップが写っていました。

それを見た進ゾウ、「これだ!」と思いました。
それは正に、ヤフーオークションに出品されていたPMのクラッチアセンブリーとほぼ同型だったのです。
「めっちゃカッコイイじゃん!」
その10分後、「パフォーマンスマシーン・クラッチアセンブリ」を即落札してしまいました。2万円での購入でしたが、完全に予算オーバーです。安く済ませようと思えば、安物で代用して幾らでも安く買えたのですが。しかし、もともと高品質なハーレーダビッドソンのパーツを、それ以下の品質のモノと取り換える事。それは即ち、自己満足の低下を引き起こし、結局は破綻(はたん)の憂き目にあってしまうのです。


そして今、目の前にあるPMのクラッチアセンブリは、「流石だなぁ。」と唸らせる削り出しの一品。日本で購入すると幾らか分かりませんが、「これで2万円だったらOK!」と納得できます。ただ、このクラッチアセンブリ、「ポリッシュ」だと思って購入したら、届いた物は「クローム」だったと言うズッコケ振りが如何にも進ゾウと言ったところでしょうか。


さぁ、クラッチアセンブリはゲットした。次は左右の「グリップ」です。
狙う(理想)は「ミスミエンジニアリング」。4万円弱だ。しかし、進ゾウが思い、描いているイメージの品はどう探してもコイツに絞られてしまうんですよね〜。ああ・・・・。頭が痛い・・・・デス。

今回ゲットした品

「Performance Machine/CLUTDH LEVER ASSEMBLY」
「0062-2015-CH」

戻る   次ページへ

ハンドルカスタムTOPへ

HOMEへ