ハンドルカスタム計画

ハンドルのカスタム。
ハンドルのカスタムは、マフラーやシートに次ぐ、人気のメニューです。

しかし進ゾウの経験から、ハンドルのカスタムはマフラーやシートよりも難しいと言えます。マフラーやシートは「1つモノ」。しかし、ハンドルは複数のパーツから成り立っており、それらを総合的に考えなければならないからです。ハンドルバーの交換のみで、コントロール系は換えない場合は比較的楽ですが・・・。コントロール系も全部交換する場合、ブレーキマスターは勿論の事、グリップ・・・。いや、スイッチ1つの選択さえ誤ってしまうと全てパーになってしまい、本当の自己満足とは程遠い状態に陥ってしまいます。

経験から導き出した結論を幾つかをご紹介いたします。
・スイッチは操作性が一番。見た目よりも操作性を最優先しましょう。
・ハンドルバーの選定は難しい。一度交換すると2・3本は覚悟しましょう。
・極端に大きいハンドルは、ケーブル類の交換を伴い、高額なカスタムとなる。
・純正のハンドルコントロールシステムは、使い勝手・見た目、共に高いレベル。よって、ある1部分(例:マスター等)だけを交換すると、そのバランスが崩れ、結局「全換え」の憂き目を見ます。やるなら「一気に全部!」
・これはハンドルに限りませんが、本当に心惹かれるモノだけを購入しましょう。他で代用して満足した事は一度たりともありません。「安物買いの銭失い」になります。金が無い人ほど、金をかけましょう!マジで。
・カスタム費用は内容により異なりますが12万円程度用意すれば、おおよそ満足の行くカスタムが施せるかと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、詳しい内容に入りたいと思います。
まずは、余りに効かないブレーキに嫌気が差して、ブレーキシステムの交換に走ったところから話を起こしていきましょう。
正にここから泥沼にハマッたのです。

その「紆余曲折」ぶりを見て、ハンドルカスタムの楽しさ・難しさが伝われば幸いです。

ハンドルカスタム計画-その1-
〜ニッシン工業のブレーキマスター〜
ブレーキマスターを見てみよう ニッシンのブレーキマスタキットですぞ。
ブレーキマスターの取り付け 取り付けるには色んな所が干渉してた!どうする?
ブレーキランプスイッチ ブレーキランプが点かなきゃ危ないね。
エア抜き ブレーキ内にエアが入っていたら凄い危険だね。
ミラーの取り付け 国産マスターだから、ミラーも国産用に変更!
試乗!! そして泥沼へ・・・・・・。


ハンドルカスタム計画-その2-
〜安くカスタムできないものか出来ないか?〜
カスタムは連鎖反応 計画その1から始まる、恐ろしい「連鎖」とは?
クラッチアセンブリをゲットせよ とりあえず、クラッチアセンブリを手に入れよう!
理想のグリップ グリップについての考察。
PMのクラッチアセンブリ予習 クラッチアッセンブリが届いた!
PMのブレーキマスター なんと!リョッチさんからマスターを頂いてしまう!
スイッチの考察 スイッチも難しい!
市販で激安スイッチを作製せよ とにかく、お金を掛けたくない!
PMクラッチアセンブリ取付
クラッチワイヤも交換
実際の取り付けに走ります。
PMのブレーキマスターの取付 ブレーキマスターも取り付けましょう。
10 スイッチが全部揃った スイッチが全部揃う。
11 スイッチの取り付け。アレレ? 実際に取り付けてみると・・・・?
12 スイッチの結線完了! 丹念に調べた純正結線図つき。
13 仕上げ 更なる泥沼へ・・・・。


ハンドルカスタム計画-その3-
〜ぜーんぶやり直し!〜
きー!悔しい! 計画-2-に満足できなかった進ゾウが起こした行動。
最後のカスタムは原点回帰! そろそろ原点回帰だ!
ミラー選びをしなければ。 進ゾウが選んだミラーとは!?
もう1つの不満だった点 有り合わせでは無理が出ていたのです。
3回目の車検と重なる。 車検についてちょっとしたコラム。
パーツが到着したぞ! パーツが続々到着!
取り付け 到着パーツを取り付け始める。
取り付けた後の画像 完成を迎えたはずのハンドルカスタム。
スイッチのコラム スイッチのコラムです。配線引き直し。


ハンドルカスタム計画-その4-
〜ぜーんぶやり直し!〜
スイッチを再考する 完璧を求め、スイッチの増設に走ります。
配線処理その1 配線処理に本気で取りかかる。
配線処理その2 配線処理に本気で取りかかる。
始動! 2日間の成果を見せる時です。
やりなおし 進ゾウはアホですな・・・。
試乗 むむむ!これは!


DO IT YOURSELF TOPに戻る